2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2010年10月28日 (木)

ニッポン全国短歌日和2010秋

上りなら町へ下りは海へ行く藤沢駅に鳩があつまる

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

NHKのニッポン全国短歌日和で番組百選にえらんでいただきました。ありがとうございます。
じつはこの歌、予選通過作品では見た覚えがなかったので驚きました。残るとしたらもっと別の歌だと思っていたので…。

前回も地名の歌の結果がよかったけれど実は地名の歌は苦手です。多分生きている範囲が狭いからだと思います。
こういう時は全国を飛び回っている人が羨ましいなぁと思ってしまう。

番組冒頭ではロバート・キャンベルさんにこの歌を紹介していただきました。(「打つ」)
  ↓
はじまりはどろどろの鉄打たれては光を増してゆくはずだった

子育ての歌かなと言っていただきましたが、そこまでの考えはなかったのです。
でも後からコメントを聞いて(放送時はゆっくり聞いている余裕がなくて)何て鋭い指摘、と驚きました…(^_^;)
知っている方の歌が次々に出てきて楽しかったです。短歌日和。

2010年5月 6日 (木)

ニッポン全国短歌日和・まとめ

「名瀬では」で切ったラジオの音だけが宙にとどまる気象通報

(永田和宏さん選・準決勝進出)(地名の歌)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ストリートビューの切りとる風景を子供時代の歩幅でたどる

定規あて直線をひく力にて正しく歩むきみを見ている

(高橋源一郎さんによるパネル紹介)(歩く)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「噛みそうな山羊がいるの」と子の問うた上草柳はおとぎのせかい

第一次選考通過作品(地名の歌)

残響にゆれるシネマの片隅にいたむ耳だけ取り残される

夏の夜の竹のシーツにまどろんで耳ひんやりと言葉をさがす

耳もとをかすめる君のさよならに誘われたから西風になる

第一次選考通過作品(耳)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

一度録画を確認してからまとめようと思っていたのですが、なかなかできないので暫定的に記録しておきます。
忘れて再投稿しないようにという自分メモの意味もあるのでsweat01
表記等、微妙に違っているかもしれません。
(ちなみに番組百選には一首も残りませんでした。。(^_^;)

追記しますが、番組中にtwitterで励ましやお祝いの言葉をたくさんいただいたこと、東直子さんに「名瀬では」の歌をツイートしていただいたことがとても嬉しかったです。
どうもありがとうございました!

2010年4月26日 (月)

ニッポン全国短歌日和

「名瀬では」で切ったラジオの音だけが宙にとどまる気象通報

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昨日のニッポン全国短歌日和で永田和宏さんの選により準決勝まで残ることができました。
ありがとうございました!
お題は「地名の歌」です。
(地名を詠みこむ歌は難しかったです)
知っている方々の歌も多く見受けられ、そういう点でもドキドキの5時間半でした。
小心者なので前回同様、胃が痛くなりました。
でも本当に励みになりました。心より感謝します。

2009年10月29日 (木)

ニッポン全国短歌日和・その2

一杯の水を飲みほすキッチンで脈打つ朝が窓をゆさぶる

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

本日、NHK短歌ホームページで番組100選の入選歌が発表になりました。
この歌は田中槐さんに選んでいただいたのだと思います。
どうもありがとうございました。
番組で紹介されていた歌や知っている方のお名前などもたくさん目にしました。

今回は選者賞と入選という幸運に恵まれましたが、実際そんな力がないことはよく理解しています。
家族も喜んでくれたし本当に嬉しかったけれど、週が明けたら変な焦燥感に襲われました。
けっこう反動が来て自分でもびっくりしました。
少しずつ気持ちを立て直していこうと思います。

そういえば投稿数は短歌が約4000首、俳句は約8000句だったそうです。
短歌人口は俳句人口の半分なのですねー。

2009年10月24日 (土)

ニッポン全国短歌日和

雑踏にのまれる君のてのひらがひらりと踊り夜空をまわす

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

本日の「ニッポン全国短歌日和」で俵万智さんに選者賞に選んでいただきました。
ありがとうございます!

この歌、初めは栗木京子さんにトップバッターに紹介されて、いきなり「うわ☆」という気分になりました。
心の準備ができてなくて。。
お題は「飲む」です。
「飲む」は田中槐さんにも別の歌を紹介していただきました。
その後、歌人さん同士が対決(?)する場面では俵万智さんの選として登場し、斉藤斎藤さん選の歌に敗北いたしました。
これで私の短歌日和は終わった~と思っていたら、最後に俵さんに選者賞に選んでいただいて本当に嬉しかったです。
緊張していたので番組が終わったらドッと疲れました。

歌意は俵さんがおっしゃっていたように別れの場面です。
ひらっと手を振っている感じ。。
俵さんに「好き」と言われたことが、しみじみうれしかったです。
他の歌人の方々の批評も大変勉強になるものでした。
(けっこう厳しいこと言われましたsweat01