2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2010年6月 3日 (木)

朝日シティ歌壇6/2

気配さえ消してしずもる昼の星そのまたたきをまぶたにさがす

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

朝日新聞の姉妹紙、朝日シティニュースに載せていただきました。
秋山佐和子さんの講評。
「昼の星は目には見えない。気配さえ消しているから。しかし、確かに空にまたたいている。その姿を瞼に探す、という不思議な心象風景を歌う。」
掲載ありがとうございました。

まぶたは漢字の方が読みやすかったかな。。

2010年5月 6日 (木)

朝日シティ歌壇5/5

春雨のしずくを傘にすべらせて見上げる空にひらく木蓮

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

朝日新聞の姉妹紙、朝日シティニュースに載せていただきました。
秋山佐和子さんの講評。
「春雨と木蓮の取り合わせが浪漫風だ。「傘にすべらせて」と、一瞬の動きもよく捉えて歌われている。」
掲載ありがとうございました。

2010年4月 7日 (水)

朝日シティ歌壇4/7

夕刻に風の強まる日がつづき街はざらりと砂の手ざわり

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

朝日新聞の姉妹紙、朝日シティニュースに載せていただきました。
秋山佐和子さんの講評。
「春疾風が吹き始めた街。『ざらりと』の触感が秀逸。」
掲載ありがとうございました。

2010年1月20日 (水)

朝日シティ歌壇1/20

駈け抜ける少女の腰のカーディガンたなびく雲の動きにも似て

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

朝日新聞の姉妹紙、朝日シティニュースに載せていただきました。
秋山佐和子さんの講評。
「目の前を駈けて行く少女は今風に腰にカーディガンを巻いている。それが雲のようにたなびく、と動きを歌う。色をいわずに読者に想像の楽しさを残すところがいい。」
掲載ありがとうございました。

これは以前に町で見かけた光景をそのまま詠んだ歌です。
外を歩いている時には割とこういった素直な感じの歌ができます。

2009年12月 2日 (水)

朝日シティ歌壇12/2

食べ頃になるまで押され指先のかたち覚える洋梨の肌

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

朝日新聞の姉妹紙、朝日シティニュースに載せていただきました。
秋山佐和子さんの講評。
「洋梨の肌が柔らかくなるまで押さえては確かめる様子が目に浮かぶ。下の句が洋梨の気持ちになっていて微笑ましい」
掲載ありがとうございました。

大好きなラ・フランスを詠んだ歌です。
味といい香りといい一番好きな果物です。
でも食べるには少し柔らかくなるまで待たないといけません。
やや柔らかめの食感が最高なのです♪


2009年10月 7日 (水)

朝日シティ歌壇10/7

ももいろの筆先ゆらし天を向く何を書きたい百日紅の花

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

朝日新聞の姉妹紙、朝日シティニュースに今月も載せていただきました。
秋山佐和子さんの講評。
「百日紅の花房を筆に見たてて、空に向かって何を書きたいのか問い掛ける。豊かで新鮮な発想が楽しい。」

掲載ありがとうございました。

「書きたい」は「描きたい」のつもりだったのですが、書き間違えたかな。。
三首まで送れるので小さい葉書に字がいっぱいになってしまいます。(その点、N短や夜ぷちのインターネット投稿は手軽で良いですね。)

今年の夏は百日紅を街路樹として見かけることが多く、筆先のような花の愛らしさを歌にしたいと思い詠んだ歌です。

2009年9月 4日 (金)

朝日シティ歌壇9/2

薄雲をかけてください午後二時のしおれた草・花・犬たちのため

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

秋山佐和子さんの講評コメント
「夏の午後二時の強い日差しの空に向かって、雨は無理でもせめて薄雲をと呼び掛ける歌。口語が利いている。第五句の「犬」に現実味がある。」

掲載ありがとうございました。

自分の口語短歌はこちらの歌壇の中では少し浮いているような気もしていたので、うれしい講評でした。

2009年7月 1日 (水)

朝日シティ歌壇7/1

ひそやかなハサミの音に送られて髪は散る散るロンドのように

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

秋山佐和子先生の講評

「髪をカットする鋏の音の小気味よさ、髪の散るさまも舞踊のようで華やかだ」

掲載ありがとうございました。

2009年5月 6日 (水)

朝日シティ歌壇5/6

本日付の朝日シティニュースの朝日シティ歌壇に初投稿で掲載されました。

朝日シティニュースというのは地域ごとに発行されている朝日新聞の姉妹紙です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

縞馬の白の背中を跳ぶように横断歩道を子が渡りゆく

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

秋山佐和子先生の講評。

「横断歩道を渡る子供の姿を、まるでビデオカメラで撮影しているように、生き生きとリアルに表現している。

特に上の句の比喩に説得力がある。」

このような評をいただいてとても嬉しかったですheart04

今月も続けて投稿しまーす。。。pen