2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2010年7月30日 (金)

「現代詩手帖」ツイッター連詩

共鳴するのは、ざらついた風ばかりだ

加速度をつけて落ちてくる空、群青の

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

現代詩手帖のツイッター連詩、10行と93行に採用していただきました。
(150行から2行だけ取り出しても意味がわからないですねsweat01
この作品は7/1~7/7に現代詩手帖のtwitterアカウントで募集し、1ツイートを1行として編集部が構成したものです。
全部で80のアカウント(人)によって成立している長編詩です。
現代詩手帖8月号に掲載されているので、よかったらご覧ください。
歌人の方、詩人の方も参加されていました。(本に載っているのはアカウント名ですが)
怒涛のように言葉が流れていって、とても楽しかったです。
ボツになったフレーズも多数あるので紹介します。(不要(^_^;)?

熱帯雨林に隠された無数の足跡は
空に向かっていっせいに芽吹いてしまうから
日暮れには魚眼レンズがまぶしくゆがむ
もしも再生のうたを歌うのならば
明け方のいちばん深い眠りを探しましょう
ほのかに立ちあがるメレンゲの質感ほどの記憶
空をおおう雲に夏蝶の死を予感する
ぐにゃりと曲がった線路は猟銃の夢をみている
花びらには水溶性の毒をひそませていた
図書館で生まれた双子たちが髪を梳きあっている
まどろむような黄金色の豊穣から遠くはなれて、明日
激しい動悸が、あらゆるノイズを道連れにしてしまう
かなかな、ひぐらし、路地裏に降りつづく言葉たち
あなたが、生まれようとしている

(1行ずつ誰かの言葉に応えるようにつないでいくので、この14行にまとまった意味はないです。) 

 

2009年8月 4日 (火)

線香花火

空を染める
大輪の花火もいいけれど
あなたの指先で
ふるふると揺れる線香花火
その真紅の球体は
生まれたての星のようで
あぶなげで はかなげで
目を離すことができない

まるで
小さな星の一生のように
宇宙の命をとじこめて
ゆらめいて きらめいて
一瞬の闇にすいこまれてゆく

2009年7月21日 (火)

言葉

疲れた羽を休めたいのは
空を飛ぶ鳥ばかりではない
続かないキャッチボールに苛立つのは
少年ばかりではない
だれもが もどかしい思いと
胸の痛みを抱えて生きているから
やさしさが心にしみる
さりげない言葉が光る
だから 手をさしのべて
あの日 言えなかったことを
ゆっくりと語り始めよう

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

これも過去の詩です。
以前のを読んでくださる方がいて嬉しかったので久々に掲載しました。

2009年7月19日 (日)

詩とファンタジー

昨日発売された「詩とファンタジー」2009年夏空号(かまくら春秋社)の「星屑ひろい」というページに投稿した詩「きこえるか」が掲載されました。「詩とファンタジー」はやなせたかしさんが責任編集されている季刊誌で「星屑ひろい」はカラーページに掲載されなかった詩をいくつか載せてくれるページです。ペンネームは急ごしらえで中途半端なものになっています。まだ高羽佐兎子という名前を決める前の出来事でして。。。(^_^;)
「詩とファンタジー」は2009年春野号を初めて購入したのですが投稿券がついていたので送ってみました。カラーページにイラストと共に自分の詩が載ったら素敵だろうなぁとは思うのですが、相当難しそうです。この先も投稿を続けられるかわかりませんが、時には詩を書いてみるのもいいかなと思っています。pen

2009年6月18日 (木)

潜在意識

めざめたあと
ひき潮のように遠ざかってゆく
夢の記憶
その はかない断片を
ジグソーパズルのようにつなげれば
思いもよらぬ光景に
出会うことがあるだろうか
合わせ鏡の中で
無限に続く自分の姿を
ひとつひとつ確かめるように
しっかりと
潜在意識と向かい合いたい
ひそやかに
心の宇宙をひろげるために

2009年6月16日 (火)

氷河期

凍える指で
太古の化石を掘り出すように
人の心の琴線に
そっと そっと
触れてみたいのだ

数百 数千の
言葉を尽くしても
伝えることのできないもの

そのときの
指先の痛みは
もどかしく揺れる
心の惑いにも似て
ひっそりと
氷河期の闇に対峙している

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

開設以来、短歌ブログとして続けてきましたが、ふと過去に書いた詩も載せてみようと思いました。

これはずっと以前に地方新聞の詩壇に投稿して掲載されたものです。

そのような詩がいくつかあるのでまた短歌の合間に載せるつもりです。