« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月 2日 (火)

2月号の歌(2019)

緑屋と自らを呼ぶ造園家百年のちの木々を見すえて

荒れ地には十万本の木を植えてその後は人の手を加えない森

ダンゴムシにも日本古来のものがあり神宮の森に生きながらえる

逃げてゆく獣の脚はさびしくて濡れた翼をたたむ鳥たち

十月の夜は冷えるね十三夜の月はまぶたの形にひかる

暗がりでひらく瞳のみずうみにあなたが石を投げて それから

のこされた車内に静寂おしよせて耳の底方をめぐる血の音

(静寂=しじま、底方=そこい)

(塔2019年2月号掲載歌・前田康子さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

 

NHK俳句4月号

鳥の名を持ちて鶯餅は風

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

兼題「鶯餅」で櫂未知子さんに佳作に選んでいただきました。
(「俳句さく咲く!」)

月刊うたらば3月号「出」

眠れるよ夜が出口を塞いでも三日月ほどのあかりがあれば

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

月刊うたらばテーマ「出」に採用していただきました。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »