« NHK俳句7月号 | トップページ | 6月号の歌 »

2018年7月 9日 (月)

5月号の歌

パレットにのばす絵具のぎりぎりの性善説を信じていたい

苦しげに息するように銅の月はひとときひかりを拒む

コーヒーがあっという間に冷めてゆく寒ささびしさ小夜のきさらぎ

ひかえめな夕焼けのようにはにかんで笑うあなたの母になりたい

待つことの寂しさを言う日盛りに出てゆくときのまなざしをして

枯枝にふくらむ冬芽あかるさをあっけらかんと呼ぶ朝の窓

名を知れば早く呼びたくなるこころ冬のアベリア夏のルクリア

(銅=あかがね)

(塔2018年5月号掲載歌・三井修さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

« NHK俳句7月号 | トップページ | 6月号の歌 »

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/66921720

この記事へのトラックバック一覧です: 5月号の歌:

« NHK俳句7月号 | トップページ | 6月号の歌 »