« NHK俳句11月号 | トップページ | うたらばブログパーツ短歌第118回「見」 »

2017年11月 2日 (木)

9月号の歌

春に咲き春に散る花はらはらと君の背中を見送る四月

カレンダーどおりに生きる人たちが五月の谷間を歩く靴音

霜柱のような衣がよいと言う天ぷら職人の指しなやかに

橅、桜、オリーブならぶ木べらからやがてソースの香が立ちあがる

そこで(笑)うなよと思う夜こころはまっすぐ飛ばしてほしい

炎天に小さき獣の列となりスラヴ叙事詩を人は見にゆく

ひとりだと思わなければひとりではなかったんだと気づく水無月

(塔2017年9月号掲載歌・山下洋さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

7月号5首目の歌を選歌欄評で取り上げていただきました。(近藤真啓さん)

« NHK俳句11月号 | トップページ | うたらばブログパーツ短歌第118回「見」 »

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/65994599

この記事へのトラックバック一覧です: 9月号の歌:

« NHK俳句11月号 | トップページ | うたらばブログパーツ短歌第118回「見」 »