2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« うたらばブログパーツ短歌第114回「待」 | トップページ

2017年8月 8日 (火)

6月号の歌

養生中の札をかけられ細き枝かさかさと鳴る冬のひだまり

ホットヨガのレッスンを待つ十五分ふつふつと熱こもらせる髪

読みかけの歌集におとす栞紐うたの背筋にゆったりと添う

巣立ちゆく子供ふたりを見届けて幸福の木は葉をみな落とす

あかねさすティーダさよなら十年経て後部座席に子のいない春

(十年=ととせ)

(塔2017年6月号掲載歌・三井修さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

4首目の幸福の木、ほとんど枯れ木状態になっていたものが、今はまた葉を繁らせていますclover
金沢の厳しい冬もベランダで越した強い子で、もう30年の付き合い…植物の生命力はすごいなぁ、と思います。

« うたらばブログパーツ短歌第114回「待」 | トップページ

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/65639877

この記事へのトラックバック一覧です: 6月号の歌:

« うたらばブログパーツ短歌第114回「待」 | トップページ