2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 12月号の歌 | トップページ | 2月号の歌 »

2017年3月 2日 (木)

1月号の歌

函館の町にカラスとカモメ飛びさびしい色と気づいてしまう

長万部、洞爺、室蘭、地名のみ知る駅が行く車窓のむこう

手裏剣と思って避けたひとことが遠ざかるほど鮮やかになる

銀木犀をヒトのあなたと見にゆけば百三十年の樹齢は奇跡

ささやかにはしゃいだ後のはにかみのように漂う花の香がある

どちらかがこの世に残されることのたしかさを思う火を緩めつつ

(塔2017年1月号掲載歌・小林幸子さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

1首目2首目は昨年9月に北海道に行ったときの歌です。
旅先で短歌や俳句をつくろう!といつも思うのに全然できません。
(そう思っていたこと自体をすぐに忘れる)
たぶん吟行が苦手なタイプなんだと思います。

11月号1首目の歌を選歌欄評で取り上げていただきました。(永久保英敏さん)

« 12月号の歌 | トップページ | 2月号の歌 »

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/64962513

この記事へのトラックバック一覧です: 1月号の歌:

« 12月号の歌 | トップページ | 2月号の歌 »