2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NHK短歌11月号 | トップページ | 10月号の歌 »

2016年10月28日 (金)

9月号の歌

白い肘を見せてあなたは駈けてくる梅雨入り前のひかりをつれて

上履きをきしませ走る午後五時の廊下を夏の助走路として

右利きに矯正された君の手がためらいがちにふれる犬の背

虹なんて光の色と知りながらすぐ叶うような願いをかける

釘をまっすぐ打ちこむような愚直さに泣くのはきっと青空の下

響かせた靴音だけが知っている心に決めて今日捨てたもの

いつも同じ笑顔の父の声はるか ゆっくり母を呼んでください

駅南北自由通路を行くときの少し世界が広がる歩幅

(塔2016年9月号掲載歌・新樹集・吉川宏志さん選)
(作品2・永田淳さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

久しぶりに新樹集に載せていただいてうれしく思いました。
1首目~4首目は「うたの日」の題詠でつくった歌です。

題詠四季「野」に採っていただきました。(小林信也さん選)
    ↓
奈良の鹿がすべて野生であることの千二百頭分のおどろき

…これはしばらく前に知ってとても驚いたんですshine

また、北島邦夫さんの歌集『ミントブルー』批評会の様子を書かせていただいたものが方舟のページに掲載されています。

« NHK短歌11月号 | トップページ | 10月号の歌 »

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/64411294

この記事へのトラックバック一覧です: 9月号の歌:

« NHK短歌11月号 | トップページ | 10月号の歌 »