2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 作品合評で選んだ歌(2016.1月号~3月号) | トップページ | うたらばブログパーツ短歌第95回「本」 »

2016年5月25日 (水)

4月号の歌

おみくじはgeneral luckひっそりと群像劇のひとりに戻る

ためいきのように星がきれいと言う正しく生きることは苦しい

ひんやりとした両の目をまばたきであたためながら行く夜半の道

仲間だと思うまもなく外された梯子はるかな冥王星の

劇的なことなどなくて寸劇の端役のような身軽さで行く

試運転の山手線は黙々とひかりを運び夜を二周す

(塔2016年4月号掲載歌・栗木京子さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

6首目の試運転とは昨年12月のE235系テストランのことです。

2月号4首目の歌を選歌欄評で取り上げていただきました。(ジャッシーいく子さん)

« 作品合評で選んだ歌(2016.1月号~3月号) | トップページ | うたらばブログパーツ短歌第95回「本」 »

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/63683554

この記事へのトラックバック一覧です: 4月号の歌:

« 作品合評で選んだ歌(2016.1月号~3月号) | トップページ | うたらばブログパーツ短歌第95回「本」 »