« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月25日 (月)

12月号の歌

迷いなき恋だったこと百日を君と歩いたニコライの坂

三振の風切る音よ この街にとどまることを今は選んで

新しい車のライトをくもらせる歳月というふたりの時間

「サラダなら食べる?」と尋ね待っている背中の君の声を 弱音を

ピザをつまむ油まみれの指先がこの世の紙を透明にする

つぼみから牡丹、松葉へ散り菊へ線香花火のひとよみじかし

あっさりと秋のあなたは手を振って時の流れを速めてしまう

ひぐらしの声でみたした胸ひえて通りすぎゆく夏の裏側

(塔2015年12月号掲載歌・新樹集・吉川宏志さん選)
(作品2・永田淳さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

12月号は新樹集に掲載されていました。

さて、2016年1月号より大坂瑞貴さんと共に作品合評を担当しております。
取り上げた歌に丁寧に向き合っていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »