2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NHK短歌5月号 | トップページ | NHK短歌6月号 »

2015年6月 2日 (火)

4月号の歌

庭先に日々咲く花があることのよろこび知らず生きてきたこと

耳にした「帯の惹句」は何者か髭の横顔ふいに浮かんで

雑木林、雑貨、雑踏、雑司ヶ谷、冬の日向の雑の字を行く

夕暮のフードのファーをそよがせて止まない風が君の背にある

親不知ひとつなくして帰りくる子は夕冷えの気配をさせて

うつむいて髪すすぐときひかりつつ無防備になる背のまるみは

先送りしてゆく夢のきわに立ちいつか覚悟を決めて飛べたら

(塔2015年4月号掲載歌・江戸雪さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

新選者・江戸雪さんの選。
3首目を選歌後記で取り上げていただきました。

« NHK短歌5月号 | トップページ | NHK短歌6月号 »

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

さとこさん、こんにちは!お元気ですか~?
「雑の字」の歌、いいですね。小春日の雑司ヶ谷の情景が目に浮かびます。
「夕暮のフード」の歌がぼくの一番のお気に入りです。「風」「背」が詩語としてキマッてます。
「日々咲く花」「夕冷え」「夢のきわ」等の歌にも注目しました。
ところで実を言うと僕もひさしぶりにブログを開設しました。
http://tsurutaan.blog.fc2.com/
よかったらご閲覧ください。笹さんの最新歌集について評を書いています。

わ~鶴太屋さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

「雑の字」の歌は、ちょっと言葉遊びに走りすぎたかな、という気持ちもあったので褒めていただいてうれしいです。
お気に入りの歌も教えてくださってありがとうございます。

鶴太屋さんのブログも読ませていただきました。
歌集評、力作ですね!
笹さんの歌を本当によく読み込まれていることがわかります。
私も『念力ろまん』読んでみたくなりました(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/61684744

この記事へのトラックバック一覧です: 4月号の歌:

« NHK短歌5月号 | トップページ | NHK短歌6月号 »