2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 1月号の歌 | トップページ | NHK短歌3/8「日本」 »

2015年2月25日 (水)

うたつかい2014・1月号~10月号

2014年1月号

自由詠~遠景になる

都落ちした娘たちとりどりの夢を手放す夜、跨線橋

あの橋を渡りきったら過去形に変わるんでしょう眠るんでしょう

なつかしい人と思えばたちまちに遠景になるモノクロになる

すこやかになれるでしょうかひかりつつ風ぬけてゆく楡の木の下

木はいつか林になって森になる幾度も鳥を巣立たせながら

テーマ詠~本

背表紙に恋の字ならぶ本棚ははがれた夏のようでまぶしい

2014年4月号

自由詠~はじまりの雫

地下街にゆるく身体を流しこみ日射しを避けて泳ぐ真昼間

帰属する意味をおしえて繰り返す波に足裏(あうら)を洗わせながら

騙されていたとしたって瑠璃色の空だ あなたはきっと正しい

まみれてる泥とひかりと逡巡を洗い流せる水を引くのだ

境目をすべて過渡期と呼んでみる川、川、川を越えて 笑って

テーマ詠~色

食卓にチェダーチーズの黄を添えて春の眠りをしずかにはがす

2014年7月号

自由詠~何を見ている

ありえないありえるアリスおちてゆく細い手首に花を咲かせて

ひとすじに積まれた背骨やわらかくかがめて君は何を見ている

花首は摘んでねというこいびとの首筋にあるあかいゆびあと

おいでよと誘えるまでに何回も冷たい水に足をひたした

百年ののちにさらされゆく手紙ただ罪深い話となって

テーマ詠~海

訣別ののちに海馬が走り出しわたしはきっと忘れてしまう

2014年10月号

自由詠~機械じかけの夢

エドガーは砂漠の城のマシーナリー王位を継いで自由をゆずる

銀色のボウルに張った水ゆれてアンドロイドになれなかったね

エスカレーターでもすぐしゃがむ君たちは強靭な膝を持つということ

再分配される幸せ待つよりもヒューマノイドのいびつな歩み

宇宙へと近づくほどに寂しくてエレベーターでは床を見ている

テーマ詠~魔法

春に咲く種蒔くことはこの星できみが最初におぼえた魔法

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

昨年一年間に発行された「うたつかい」掲載作です。

過去作も多いのですが、今のところ欠詠なしで続けています。

うたつかい。詳しくはこちらまで。
   ↓
http://blog.livedoor.jp/utatsukai-oshirase/

« 1月号の歌 | トップページ | NHK短歌3/8「日本」 »

うたつかい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/61192547

この記事へのトラックバック一覧です: うたつかい2014・1月号~10月号:

« 1月号の歌 | トップページ | NHK短歌3/8「日本」 »