2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 12月号の歌 | トップページ | うたつかい2014・1月号~10月号 »

2015年2月20日 (金)

1月号の歌

九階の丸い窓から眺めれば街はゆたかな弾力を持つ

楽器庫を武器庫と呼んで少年はひかるホルンを無造作に置く

アメリカにドライブスルーチャーチあり車にふれて牧師は祈る

マウンテンバイクで夜におりるとき古いリネンのシャツを信じる

くずれたら炒り卵だと言えばいい迷いなき手でかきまぜながら

多摩川を越えてゆくときわたくしのなかのわたしががんばれと言う

(塔2015年1月号掲載歌・山下洋さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

今年から新体制になった塔。
結社誌の表紙も新しくなりました。

« 12月号の歌 | トップページ | うたつかい2014・1月号~10月号 »

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

さとこさん、こんにちは~!ひさしぶりです、お元気ですか?久々にブログ拝見しました。「光るホルン」の歌、カッコイイです、僕好みですね!「マウンテンバイク」の歌、僕には全く意味取れず、謎の歌ですが、よかったら何かヒントください!それでは~(笑)!

わ~鶴太屋さん、こんばんは!
ほんとにお久しぶりですね。
コメントありがとうございます。
ホルンの歌、好みと言っていただいてうれしいです。
マウンテンバイクの歌は自解するほどのものでもないので雰囲気を味わっていただければ…(笑)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/61166611

この記事へのトラックバック一覧です: 1月号の歌:

« 12月号の歌 | トップページ | うたつかい2014・1月号~10月号 »