2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NHK短歌9月号 | トップページ | 9月号の歌 »

2014年10月 1日 (水)

8月号の歌

つまさきで空にふれては落ちてくる棒高跳びの細き少女は

春すでに夏をはらんで日は白く百の予感をとかして真昼

みずからを母さん、小母さんとは呼ばずフラットになるわたしと思う

渡せなかった名刺を戻すひきだしの今日は把手がひどく冷たい

ひんやりとしめった土にクロッカスわたしが春を忘れても咲く

(塔2014年8月号掲載歌・池本一郎さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

4か月ぶりの湘南歌会に行ってきました。
やっぱり歌会はいいなぁと思います。

« NHK短歌9月号 | トップページ | 9月号の歌 »

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/60404870

この記事へのトラックバック一覧です: 8月号の歌:

« NHK短歌9月号 | トップページ | 9月号の歌 »