2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NHK短歌6月号 | トップページ | NHK短歌7月号 »

2014年6月21日 (土)

5月号の歌

木の床に冬日ぽとりと落としつつきらめきながら江ノ電は行く

水槽のような車窓に海湛え長谷・由比ヶ浜を過ぎてゆらゆら

冬のあそびを教えあう日の青空が瞳の奥にひっそりとある

佇めばなおさら風にさらされて鼻腔より冬まぶたより冬

しんしんと深まる冬の中空に分度器のような月を浮かべる

かなしみに加速がつけばスカートのすそをほつれる糸のいきおい

(塔2014年5月号掲載歌・吉川宏志さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

4首目を選歌後記で取り上げていただきました。

6首目の歌にイラストレーターの安福望さんがイラストをつけてくださいました。
「食器と食パンとペン」というブログの5/25のところです。
短歌につけられた日々のイラストがとてもすてきなので是非ご覧になってください。

3月号2首目の歌を選歌欄評で取り上げていただきました。(工藤博子さん)

« NHK短歌6月号 | トップページ | NHK短歌7月号 »

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/59854542

この記事へのトラックバック一覧です: 5月号の歌:

« NHK短歌6月号 | トップページ | NHK短歌7月号 »