2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« うたらばブログパーツ短歌・酒 | トップページ | うたらばブログパーツ短歌・祝 »

2013年12月26日 (木)

11月号の歌

皮むけば色あわくしてみずみずと小皿にひかるフルーツトマト

カルピスに冷えたビールを注ぎこむ今年の夏のこだわりとして

華奢からも繊細からも遠くなるわたしの骨の色を知らない

さびしさをさらしたくなる夏だから身体にこもる熱と向きあう

くやしさというバネひとつずつ足して寝心地のいいベッドをつくる

残像のあかりは目蓋にただよって眠りにおちるわたしをてらす

ねがえりを何度もうてばそのたびに竹のシーツがひやりとふれる

(塔2013年11月号掲載歌・三井修さん選)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

更新遅くなりましたが11月号の歌です。

6首目を選歌後記で取り上げていただきました。

カルピスのビール割りが気に入って夏に愛飲しておりました。
ビールも飲めるけれど甘いお酒が好きなんだと思います。

« うたらばブログパーツ短歌・酒 | トップページ | うたらばブログパーツ短歌・祝 »

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/58824595

この記事へのトラックバック一覧です: 11月号の歌:

« うたらばブログパーツ短歌・酒 | トップページ | うたらばブログパーツ短歌・祝 »