2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 020:劇(紗都子) | トップページ | 021:示(紗都子) »

2012年10月15日 (月)

10月号の歌

はつなつの熱を集める瓦屋根雪の白さでひかりを弾く

水星を「みずほし」と読む指先のたどたどしさがいとおしいのだ

共感と共犯は少し似ているね とらわれないで逃げておいでよ

掲示した紙はおそらく君の目の高さなんだね夏のはじめの

知ることと忘れることをくりかえし凪でいられる海なんだろう

よるべない心と思う次々とつまびかれゆく音のつらなり

(塔2012年10月号掲載歌・池本一郎さん選)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

飛鳥井和子さんの十首選に選んでいただきました♪
(7月号5首目の歌です。)

塔10月号は十代・二十代歌人特集なのでまぶしいですshine

« 020:劇(紗都子) | トップページ | 021:示(紗都子) »

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/55899316

この記事へのトラックバック一覧です: 10月号の歌:

« 020:劇(紗都子) | トップページ | 021:示(紗都子) »