2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月27日 (木)

016:力(紗都子)

力点と作用点だけあるけれど見つけられない支点 さよなら

015:図書(紗都子)

記憶からこぼれていった鳥たちの名に会いたくてかよう図書室

014:偉(紗都子)

偉大なるものほど大きな影をなし人のこころに歪みをつくる

2012年9月22日 (土)

013:逆(紗都子)

逆上がりする昼さがり雨あがり虹をくぐって地球にもどる

012:眉(紗都子)

三日月のかたちに眉を描いたら街のあかりを壊しにいこう

011:揃(紗都子)

前髪を切り揃えてはため息をついて鏡をそっとうかがう

2012年9月21日 (金)

010:カード(紗都子)

百枚のカードで財布をふくらませ自由をなくすことも自由だ

009:程(紗都子)

成程を口癖にして生きてゆく自我をしずかに飼いならしつつ

008:深(紗都子)

梟のからだはんぶん羽なれば森深く飛ぶ軽くとびゆく

2012年9月20日 (木)

NHK短歌10月号

喜びのうたを歌えぬ唇に師走の風がひやりとふれる

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

お題「喜び」で来嶋靖生さんに佳作に選んでいただきました。

2012年9月17日 (月)

9月号の歌

やわらかな鎌倉石を切り出して道をつくれば獣があるく

七筋の切り通しを持つ鎌倉はいつもどこかへ逃がしてくれる

神奈川県沖浪裏に迷いこみ飛沫をあびて笑ったんだよ

あきらめて楽になったよ背のびして背中まるめてゆらゆら帰る

まぶしさに慣れれば闇は深まって淡い影など隠してしまう

(塔2012年9月号掲載歌・小林幸子さん選)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今月は久々に題詠四季にも掲載していただきました♪
お題は「望」(前田康子さん選)
     ↓
泥はねが乾いて色をなくすころ望んだ街を行く君の靴

うたらばブログパーツ短歌「長」

雨の日の園庭しずか下駄箱に「位置について」とならぶ長靴

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

田中ましろさんプロデュースの「うたらば」ブログパーツ短歌テーマ「長」に採用していただきました。
ブログパーツ久々です。
応募総数285首でやや少なめだったようです。(だから採用されたのかも…(^_^;)

次回テーマは「手」〆切は9月22日です。
詳しくはこちらまで。
   ↓

http://www.utalover.com/

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »