« 平成23年度NHK全国短歌大会 | トップページ | 006:時代(紗都子) »

2012年2月23日 (木)

NHK短歌3月号

曇天にねむる日時計陽が射せば何もなかったように影なす

午後五時のチャイムの音につつまれる冬、歩道橋ひとり走れば

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

NHK短歌3月号で2首、佳作に選んでいただきました。
1首目は花山多佳子さん選「時計」、2首目は佐伯裕子さん選「橋」です。
今回ようやく花山さんに採っていただいて全選者の選歌達成しましたshine
…おそいけど(^_^;)

来月末で夜ぷちは終了、4月からN短の4週目は短歌de胸キュンという新番組になるようです。
そんな訳で、これからの投稿先はどうしようかなぁ、と考えております。

« 平成23年度NHK全国短歌大会 | トップページ | 006:時代(紗都子) »

NHK短歌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

N短佳作おめでとうございます♪
相変わらず空気感のある素敵な歌でためいきものでした。。。。。
全選者さん制覇もおめでとうございます
私もすくな~~い採用ながら来嶋先生からはまだ拾われていません
前回も2年あったのに今野先生からは一度も振り向いていただけませんでした

NHK短歌は過去2回ウクレレさんの影響で参加しましたが1度目は秀作をいただき2度目は入選2首でした
私ごときが選歌料をお払いしてまでも参加する資格はないと今年度からは見合わせました。

夜ぷちは本当に終わってしまうのですか?もし本当なら3月まで顔色変えて投稿しなければいけませんね!(笑)

ぶんさん、こんにちは。お久しぶりです。
ありがとうございますー♪

選者の相性ってありますよね~。
私、前回は米川さんがとってもダメでした(^_^;)
そういうのは仕方ないって割り切るしかないんでしょうね。
選者に合わせて歌を詠んでいたら本末転倒みたいだし…(笑)

夜ぷちは渋マガZ自体が3月に終了してしまうみたいです。
3年前に短歌を始めた時に、まず投稿したのが夜ぷちでした。
終わってしまうと分かると、やっぱり寂しいですねthink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/54057649

この記事へのトラックバック一覧です: NHK短歌3月号:

« 平成23年度NHK全国短歌大会 | トップページ | 006:時代(紗都子) »