2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 002:隣(紗都子) | トップページ | 003:散(紗都子) »

2012年2月15日 (水)

2月号の歌

飛ぶ鳥のかげ地をすべるすれちがう私はずっと地上の人だ

懸崖の菊すきまなく花をつけゆらめくように香をはしらせる

少しずつ指をさし入れ開ける戸のかたければ更に深くさしこむ

日暮には北寄りの風よりそってちぎれた言葉をつないで歩く

傷つく人を数えてゆけばわたしたち何も言えなくなってしまうね

宇宙へと近づくほどに寂しくてエレベータでは床を見ている

(塔2012年2月号掲載歌・吉川宏志さん選)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1首目は以前ネットの歌会に出した歌です。(自由詠)

« 002:隣(紗都子) | トップページ | 003:散(紗都子) »

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/53989314

この記事へのトラックバック一覧です: 2月号の歌:

« 002:隣(紗都子) | トップページ | 003:散(紗都子) »