2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

うたらば

無料ブログはココログ

« 033:奇跡(紗都子) | トップページ | 夜ぷち6/26 »

2011年6月14日 (火)

夜ぷち6/12

図書室の棚に差しこむ代本板 百年たっても本になれない

どろどろのさなぎの日々があればこそ羽化するいのち風に吹かれる

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

月間テーマ「時」と企画テーマ「悩み」で穂村弘さんに放送外で採っていただきました。
ありがとうございます。

1首目の代本板、ご存知でしょうか。
自分で使った記憶はないのですが、子供が低学年の時に持たせていました。
借りた本の場所に差しこむのです。
代本板って何だか寂しい存在だと思います。
2首目、さなぎの中がどろどろだと知った時は衝撃でしたsweat01

« 033:奇跡(紗都子) | トップページ | 夜ぷち6/26 »

夜はぷちぷちケータイ短歌」カテゴリの記事

コメント

だいほんばん!小学校で使ってました、懐かしいなぁ♪
手書きの貸し出しカードとセットみたいなものでしたよね。
平成生まれの現代っ子たちは知らないだろう代本板、
それをお歌にする紗都子さんの感性が、素敵だと思います。

白玉だんごさん、こんばんは。
コメントありがとうございます(^o^)/
代本板、やっぱり今はないんでしょうね。
借りた本が分かって恥ずかしいということもあったのかなー?
学校の風景も色々変わってきていますよね。
思い出して歌に詠んでみるのも面白いかな、と思っています。
けっこう忘れているけど…(^_^;)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/51942827

この記事へのトラックバック一覧です: 夜ぷち6/12:

« 033:奇跡(紗都子) | トップページ | 夜ぷち6/26 »