2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 025:ミステリー(紗都子) | トップページ | うたらばブログパーツ短歌「新」 »

2011年5月23日 (月)

朝日歌壇5/23

教卓のふたつの角に手をついて前のめりなる四月の教師

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

本日の朝日歌壇に永田和宏さん選で掲載していただきました。
ありがとうございます。

ちょうど今『ホームレス歌人のいた冬』(三山喬著)を読んでいるところです。
その中に朝日歌壇の選歌の裏話も少し載っていて興味深かったです。

« 025:ミステリー(紗都子) | トップページ | うたらばブログパーツ短歌「新」 »

朝日歌壇」カテゴリの記事

コメント

こんばんは 紗都子さん

新聞みましたよー。おめでとうございます。\(^o^)/

情景がありありと浮かんでくる系の歌ですね。
しかも読むひとにそれぞれ違った情景を見せてくれる
ぼく好みのすてきな歌です。

四月の教師は紗都子さん自身かなって
思ってしまいました。(^_^;


『ホームレス歌人のいた冬』読んでみたいです。
公田さんの正体ちょっと気になります。


麦太朗さん、こんにちは。
ありがとうございますー(^o^)
私には「四月の教師」のようなやる気が不足しているんですが(汗)、歌にしたいシーンを見かけたので詠んでみました。
麦太朗さんに「ぼく好み」と言っていただいてすごく嬉しいですshine

『ホームレス歌人のいた冬』は近所の図書館で予約して借りました。(小説は長く待つことも多いけれど短歌関係の本はすぐに回ってくるのです)
短歌を始めたきっかけにも重なる方なので興味をもっていましたが、ミステリー要素もあって面白かったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/51751627

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日歌壇5/23:

« 025:ミステリー(紗都子) | トップページ | うたらばブログパーツ短歌「新」 »