2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月27日 (日)

夜ぷち3/27

半身が制服のとき片翼の鳥のかなしみしずかに満ちる

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

月間テーマ「制服」で田口綾子さんに放送外で選んでいただきました。
ありがとうございます。

2011年3月26日 (土)

うたらばブログパーツ短歌「女」

慎重に生きてきたけど今きみと走り出したい私は長女

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「うたらば」のブログパーツ短歌、お題「女」に採用していただきました。
田中ましろさん、ありがとうございます。
実を言うと私は長女ではないのですが、最近、巣立っていった娘のことを(少し)思いながら詠んだ歌です。
いや、たぶん本人はこんなこと思ってないと思うんだけど…。

NHK短歌4月号

思い出をぬるく包んでしまうからホットミルクの被膜はきらい

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

お題「思い出」(テーマ詠)で加藤治郎さんに佳作に選んでいただきました。
ありがとうございます。

3月号の歌

「深い呼吸は朝のごちそう」横顔のヨガの講師はおだやかに言う

はじまりは誰だったのか英雄のポーズをすれば軋むくるぶし

息を吐き冬の立木になるまぎわ背筋におりるひとすじの糸

たえまなく呼吸の波が押しよせる身体のなかに巻貝を持つ

やわらかくくちびるすぼめシュシュと言うほどいた髪を指にからめて

ことさらに枯葉をえらび踏むようにやさしくとどめをさす昼さがり

寂しいと言えばいいんだテキストの『離散数学』棚にもどして

(塔2011年3月号掲載歌・新樹集・永田和宏さん選)
(若葉集・山下洋さん選)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

はじめて新樹集に選んでいただきました。
とてもうれしいです。精進したいと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東北関東大震災の被災地の皆さまにお見舞い申し上げます。
我が家は震度5弱でしたが、これまで経験したことのない揺れを感じました。
その後も余震、原発の問題、電車の運休、計画停電等が続き、今も落ち着かない毎日です。
これまで盤石なものに感じられた生活が、本当は危いバランスの上にあったことを痛感しています。
被災地が復興し、こころ穏やかに暮らせる日々が戻ることを祈るばかりです。
生まれくる子供たちのためにも。

2011年3月 9日 (水)

うたらばvol.02テーマ「細雪」

革命はしずかに起こる手をひかれきみと走った粉雪のなか

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

田中ましろさんが私費を投じて作成されているフリーペーパー「うたらば」vol.02テーマ「細雪」に採用していただきました。
ありがとうございます。
前回の「夕刻」に続いての採用で、しかもトップ掲載だったのでびっくりしました。
写真と一緒に載せていただくのって本当にうれしい♪
奇しくも、掲載を知った3/7の朝は首都圏に遅い雪が降り、最高の演出になりましたsnow
早く実物を手にとって読みたいです。
個人的にはリアル雪だるまの写真と空音さんのお歌がかなり好き…。
うたらばは、皆さんの短歌&ましろさんの写真と詩がとても素敵なので、是非ご覧になってくださいませshine

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »