2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 013:故(紗都子) | トップページ | 笹短歌ドットコム~鏡 »

2011年2月20日 (日)

2月号の歌

雑貨屋はハロウィン終わればクリスマス五十五回の夜を飛びこす

溶けかけのキャラメルだけがあたたかい今年はじめて木枯し吹く日

靴音はカ行で響く暖色の葉をちりばめた銀杏並木に

ひとつずつ裏目になった言葉たちさみしい胸につんとしみゆく

「迷い犬さがしています」の貼り紙のいぬ黄ばみゆく小さいままに

ゆらり日は落ちて舗道に残された朱の色あわくつまさき染める

(塔2011年2月号掲載歌・黒住嘉輝さん選)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

3首目は10月の塔e歌会に出した歌です。

« 013:故(紗都子) | トップページ | 笹短歌ドットコム~鏡 »

塔短歌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは 紗都子さん

3首目、
暖色の葉、という表現にドキッとしました。
これから寒くなろうとする時期に、
落ち葉はたしかに暖色です。
言われてみればその通りだけれど
かんたんに思いつく表現ではないです。

5首目、6首目、
ともに画がみえる歌であり、認識の歌でもあり、
ぼく好みの歌です。(^_^)


麦太朗さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
3首目、赤や黄色の落ち葉はみな暖色だなぁと思いつつ詠みました。
自分としてはちょっとした発見でした(^o^)
5首目6首目、好みと言ってくださって嬉しいです。
認識の歌について調べてみたら「発見の歌・認識の歌・素直な情景描写の歌、が好きです」という麦太朗さんの言葉に出会いました。
なるほど…勉強になりました(^_^)v

さとこさま、かなりご無沙汰してしまいました!仕事や家庭の事で慌ただしくしてました。
久しぶりにこちらのぞいたら、またもや歌がよくなっているので(お世辞ではありません)、これは一言言わねばと思いました(笑)。
迷い犬の歌が一番いいです。雨ざらしの貼り紙の手触りまで感じられます。おそらくもう戻らない子犬を思って人生で初めての悲しみを知る子供、そんな見知らぬ子供の心に思いをはせる大人(であるさとこさん)、に共感する私。
意図的な構造ではないとは思いますが、お手本にしたい位素晴らしいですupupup

ユキちゃん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
お久しぶりですー(^o^)
迷い犬の貼り紙は道端の掲示板で見かけたんです。
白い犬の写真が黄ばんでしまっていて見つかったのかなぁ、と気になりました。
ユキちゃんに良いと言っていただいて嬉しいです♪
そういった何気ない風景を歌にしてみたいけれど、実際には難しいですね~。
これを詠みたいという思いが強いほど説明的になってしまったり。
私も最近ちょっと忙しくてなかなか歌に集中できません。
そういう時期を乗り越えて長く歌を詠み続けたいとは思うんですけれどね…(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/50921813

この記事へのトラックバック一覧です: 2月号の歌:

« 013:故(紗都子) | トップページ | 笹短歌ドットコム~鏡 »