2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 笹短歌ドットコム~部活動 | トップページ | 笹短歌ドットコム・佳作 »

2010年12月26日 (日)

うたのわ・5月~12月

名を知らず名を呼べないが春の野辺語りかけたい雑草の花

ゆっくりとメールを交わす待つことがやさしく満たすものをあつめて

紫陽花は輪郭あわく染めかえて涙たたえて梅雨入りを待つ
( 涙雨歌会)

声あげて駈けぬける子らのかろやかさ分けてもらおう初夏の水辺で

天上に浮かぶ小さなてのひらが金木犀の香を撒いている

十月の高い空から降りやまぬ木犀の香が胸にあふれる

ドアロック消波ブロックぼくたちは波打ち際で鍵をなくした

駅メロのさくらは秋に降りそめるまだ冷たさを知らない肩に

寝返りを打ちながら行く夜の隅メトロノームのきみの寝息と

湘南の文字の右側かくされて淋と見えたりホームにひとり

あたたかな午前の鉢に水をやる見守ることの既視感のなか

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

題詠blogからの転載分は除いてあります。
うたのわ、すっかり歌を載せるペースが落ちてしまいました。
このまま登録していていいのかなぁと思うことも…。
でも自分の短歌の出発点だから離れがたい気持ちもあるのです。

« 笹短歌ドットコム~部活動 | トップページ | 笹短歌ドットコム・佳作 »

うたのわ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/50405961

この記事へのトラックバック一覧です: うたのわ・5月~12月:

« 笹短歌ドットコム~部活動 | トップページ | 笹短歌ドットコム・佳作 »