2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 100:福(高松紗都子) | トップページ | 題詠blog2010まとめ »

2010年11月 9日 (火)

完走報告(高松紗都子)

今年も無事に完走することができました。どうもありがとうございました。

« 100:福(高松紗都子) | トップページ | 題詠blog2010まとめ »

題詠blog2010」カテゴリの記事

コメント

 昨年来、「題詠2010」への皆様方のご投稿歌についての感想などを「一首を切り裂く」と称して、いろいろと書かせていただきました鳥羽省三でございます。
 この度、お題「001」から「100」までの百首全部の選歌を終え、それらについての感想や返歌などの記載も無事に終えることが出来ました。
 これも、皆様方の寛大なるお心と篤いご支援の賜物と存じ上げ、ここに御礼申し上げます。
 御作につきましては、数首の鑑賞を試みさせていただきました。
 つきましては、お暇な折にでもご一読賜り、私のブログ「臆病なビーズ刺繍」の所定の欄にコメントなどをお寄せいただきますと大変嬉しく存じ上げます。
 何卒、宜しく。    鳥羽省三
 [追伸] なお、御作についての私なりの「秀歌十首」なども、ご希望に応じて選ばせていただきます。

鳥羽さま♪

お知らせありがとうございます。
選歌・鑑賞お疲れさまでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/49984030

この記事へのトラックバック一覧です: 完走報告(高松紗都子):

» 高松紗都子さんの歌 [麦太朗の題詠短歌]
題詠blog2010を走り終えた方々の歌からお気に入りを選んでいます。 高松紗都子さんの百首歌の中からお気に入りを七首選んでみました。 ☆マークを付けた歌がいちばんのお気に入りです。 016:館 旧館と新館をつなぐ回廊にしゃがんで今を拾いあつめる 021:狐 母の手がつくる狐のかげを見た白い障子はあたたかかった 023:魂 機上より見おろす白い雲の群れ羊あるいは魂として 030:秤 目盛なき秤のように大らかに吾子をささえる母でありたい 063:仏 ... [続きを読む]

« 100:福(高松紗都子) | トップページ | 題詠blog2010まとめ »