« 058:脳(高松紗都子) | トップページ | NHK短歌9月号 »

2010年8月22日 (日)

笹短歌ドットコム~電話

「電話よ」と母に呼ばれる思春期の恋は昭和の階段の下

美しくひらかれた胸に深く打つ楔であった君の電話は

語るべき言葉などなくうつむけば無言電話のような暗闇

駆け引きの道具に堕ちた電話から言霊さえも滑り落ちてく

距離をおく、疎遠になるということば予言のように残る留守電

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

笹短歌ドットコム、お題「電話」で全首採用していただきました。
ありがとうございます。

次のようなコメントもいただきました。
1首目~「昭和の」は、ちょっと安易な説明的な表現かも。
上の句だけで昭和(あるいは平成初期)の風景だとわかるので、
「昭和の」というフレーズはないほうがいいです。
2首目~「言霊」が効いてますね。
最後~安心して読める作者です。(←sweat01sweat01

過分な御言葉をいただいて恐縮です。
まだまだ試行錯誤の私なのです。。
でも、これを励みにして頑張ろうと思います。

1首目改作
  ↓
「電話よ」と母に呼ばれる思春期の恋は五月の階段の下

« 058:脳(高松紗都子) | トップページ | NHK短歌9月号 »

笹短歌ドットコム」カテゴリの記事

コメント

いや、ほんとに安心して読めます! 改作もいいですね。

いや、ほんとに安心できないんですよ~(^_^;)。。

「昭和」も最初はいいフレーズだなぁと思っていたんですから。
「言いすぎ」とか「つきすぎ」とか短歌はホントに難しいです。
1年半が過ぎましたが新しく知るほどに新しい壁もできるようです。
のんびり進んでいこうと思うのですが、時々気持ちが空回りしてしまいます。

それにしても最近やねうらねこさんにはお世話になってばかりですね。
色々ご迷惑かけると思いますが、これからもよろしくお願いします(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/49216525

この記事へのトラックバック一覧です: 笹短歌ドットコム~電話:

« 058:脳(高松紗都子) | トップページ | NHK短歌9月号 »