2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« うたらば・ブログパーツ短歌「お祭り」 | トップページ | 054:戯(高松紗都子) »

2010年7月30日 (金)

「現代詩手帖」ツイッター連詩

共鳴するのは、ざらついた風ばかりだ

加速度をつけて落ちてくる空、群青の

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

現代詩手帖のツイッター連詩、10行と93行に採用していただきました。
(150行から2行だけ取り出しても意味がわからないですねsweat01
この作品は7/1~7/7に現代詩手帖のtwitterアカウントで募集し、1ツイートを1行として編集部が構成したものです。
全部で80のアカウント(人)によって成立している長編詩です。
現代詩手帖8月号に掲載されているので、よかったらご覧ください。
歌人の方、詩人の方も参加されていました。(本に載っているのはアカウント名ですが)
怒涛のように言葉が流れていって、とても楽しかったです。
ボツになったフレーズも多数あるので紹介します。(不要(^_^;)?

熱帯雨林に隠された無数の足跡は
空に向かっていっせいに芽吹いてしまうから
日暮れには魚眼レンズがまぶしくゆがむ
もしも再生のうたを歌うのならば
明け方のいちばん深い眠りを探しましょう
ほのかに立ちあがるメレンゲの質感ほどの記憶
空をおおう雲に夏蝶の死を予感する
ぐにゃりと曲がった線路は猟銃の夢をみている
花びらには水溶性の毒をひそませていた
図書館で生まれた双子たちが髪を梳きあっている
まどろむような黄金色の豊穣から遠くはなれて、明日
激しい動悸が、あらゆるノイズを道連れにしてしまう
かなかな、ひぐらし、路地裏に降りつづく言葉たち
あなたが、生まれようとしている

(1行ずつ誰かの言葉に応えるようにつないでいくので、この14行にまとまった意味はないです。) 

 

« うたらば・ブログパーツ短歌「お祭り」 | トップページ | 054:戯(高松紗都子) »

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

>1行ずつ誰かの言葉に応えるようにつないでいくので、この14行にまとまった意味はないです。

ということだけど、こうして並んだ言葉には相当なインパクトとイメージ喚起力がありますね。こういう言葉があふれるように生まれてくるというのはすごいですね。
もっとも、誰かの刺激的な言葉があったからということもあるのかもしれませんが…。場の力でしょうか。

特に・・

>空をおおう雲に夏蝶の死を予感する
>ぐにゃりと曲がった線路は猟銃の夢をみている
>花びらには水溶性の毒をひそませていた

には、惹かれます。

あれ・・名前がおかしくなってしまいました。
やねうら→やねうらねこです。(苦笑)

やねうらねこさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

切れ端のような言葉なのに、好きなフレーズまで挙げてくださってうれしいです。
たしかに場の力というものはあったと思います。
絶え間なく膨大な言葉が流れていく感じで迫力がありました。
なかなか貴重な経験をさせていただいたと思っています。
こんな感じで歌を詠んでみるのも面白いかなぁと思ったけれど、逆に難しいのかな。。?

おはようございます!

>たしかに場の力というものはあったと思います。
やはり…。

>絶え間なく膨大な言葉が流れていく感じで迫力がありました。

そういう迫力が短歌の場合にもあればいいのでしょうね。でもそれがうまく伝わるかどうかはびみょうかもしれません。

>こんな感じで歌を詠んでみるのも面白いかなぁと思ったけれど、逆に難しいのかな。。?

センスが必要だと思います。もっとも読んで受け取る側のセンスも必要かも…。
紗都子さんはそういうこともできるんじゃないかと思います。

○南下する前線 北上するエロス 口移さるる水こぼす午後

○極彩の鳥を見にきて見ざるまま夕闇に成る一語を放つ

 「ガーデニアガーデン」錦見映理子歌集より

おはようございます♪
そうですね。センスは必要ですね。
その辺りは、結構むずかしい。。(^_^;)
言葉を飛躍させようと思っても平板に流れてしまったり、変な方向に飛んで意味不明になってしまったり。
やねうらねこさんは歌の知識も読みも深いですね。
過去の歌も拝見しましたが、とても素敵でした。
私も見習ってがんばらないと☆
自分の勉強不足を痛感する今日この頃です。

紗都子さんは、センスあると思います。

わたしの方は、まだまだ…。いま、試行錯誤の真っ最中です。

>過去の歌も拝見しましたが、とても素敵でした。
>私も見習ってがんばらないと☆
>自分の勉強不足を痛感する今日この頃です。
そのままお返ししたい言葉ですね。

ところで、mixiには入られてませんか? そちらでも塔の方や短歌つながりが結構あります。もしよろしければいらっしゃいませんか。入り方がわからなければ、ここのわたしのメールアドレスあてにメールをいただければご案内できると思います。 

さとこさん、こんにちは!

遊びに来ましたよー!
さとこさんは、詩も書かれていたのですね……。

僕は短歌のひとだということを、
今回のツイッター連詩で実感いたしました。
「僕には……帰る場所があるんだ……。」
なんちゃって。

それで、最近はこの歌詞ってすごい現代詩ではなかろうか、なんて思っています……。
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND90605/index.html

また来ます♪

やねうらねこさん、こんばんは。
私も試行錯誤では負けていませんよ(笑)
mixiも迷ってしまいそうですが、少しずつ楽しみたいと思います。
短歌の世界が広がるといいな。
誘ってくださってありがとうございました。

これからもよろしくお願いします(^_^)/

岡本雅哉さん、こんばんは。
コメントありがとうございますー♪

私の詩は若い頃にちょっとかじった程度なのです。
今の短歌にかける情熱?に比べたら、熱意も微々たるものだったような気がします。
でも、ツイッター連詩では久々に血が騒いで大いに楽しんでしまいました(笑)
それにしても岡本さんの短歌フレーズは斬新でしたね!
短歌で載せるなんてホントにうらやましかったですよ。

ご紹介いただいた歌詞、たしかに現代詩な感じで驚きました☆
これからもよろしくお願いします(^o^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/49012760

この記事へのトラックバック一覧です: 「現代詩手帖」ツイッター連詩:

« うたらば・ブログパーツ短歌「お祭り」 | トップページ | 054:戯(高松紗都子) »