2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 考える人・2010夏号 | トップページ | 052:婆(高松紗都子) »

2010年7月18日 (日)

NHK短歌7/18「宿」

そういえば雨宿りしない人だった咳きこむようなメールが届く

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

本日のNHK短歌お題「宿」で東直子さんに入選歌に選んでいただきました。
ありがとうございます。

「宿」のお題、最初は学生時代の合宿風景とか、普通の宿の歌を考えてみたけれどまとまらず、変則的な歌になってしまいました。
(そうやって色々考えるのも題詠の面白さのうちなのですが…)
ゲストの沢田康彦さんの気になる歌にも挙げていただいて嬉しかったです。
穂村弘・東直子・沢田康彦共著の「短歌はじめました」は大好きな短歌の本です。
猫又、やってみたいな~と思いつつ読んだものです。

« 考える人・2010夏号 | トップページ | 052:婆(高松紗都子) »

NHK短歌」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです^^
入選おめでとうございます♪ 見てましたよ~。
実は私も雨宿りの歌を投稿したんです…が、いまいちの出来だったのでsweat02、紗都子さんの入選歌を拝見して、とても勉強になりました。
雨宿りをしない人→ジャケットをぐいっと頭の上まで引っ張り上げて、雨のなかを走っていくアメリカンな男性を想像しました!

「猫又」、私も気になりました!普段、短歌以外の表現をしている方々がどんな歌を作られるのか、とても興味があります☆

入選おめでとうございます!

「雨宿りしない人」は今どんな状況に陥ってるのでしょうか。一方メールを受け取ったほうは、「そういえば」とゆったり。
このちょっとずれたような二人の関係がおもしろいですね。

「そういえば」という初句がものすごく効果的で歌の世界へすっと引き込まれました。

紗都子さん、おめでとうございます\(^O^)/♪

いつも思うんですが、紗都子さんの歌は凝縮感が絶妙ですね。
「そういえば…」この歌も、読むうちに圧縮がゆっくりほどけていく感じがとても好きです。
せっかちな友人の思い出をゆっくりたどっている感じが、読んでいる私のなかにもふわーっと広がっていくような…。

私は最近題でなかなか詠めなくて、NHKはさぼりがちで恥ずかしいです(^-^ゞ
私もマイペースでがんばっていこーう!
また遊びにきます(^0^)/

ことはさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

お~、雨宿り仲間ですね!
うれしいです(^o^)/
アメリカンな男性ってなんだかカッコいいですね。
ことはさんのリアルな描写のおかげで、自分の歌のイメージを広げることができました。
(自分ではあまり具体的なイメージを持っていなかった…(^_^;)
猫又、やっぱり気になりますよね~。
そんな風にして短歌を楽しめる場が身近にあればいいのになぁ、と思います。

飯田さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

ふたりの関係性まで読みとってくださったんですね。
たしかにスピード感の違う二人ですよね。
恋人同士だったら、うまくいかない感じかな~。

「そういえば」は初句として、やや安易かな?とも感じていたので、その部分を褒めていただいて嬉しいです♪


育茶さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

「凝縮感」って自分では考えたことがないのですが、そんな風に素敵に表現してくださってうれしいです♪
題詠の場合は客観的に詠むことが多いので、ちゃんと人の心に伝わる歌になっているか不安になることも多いのです。
(いや自由詠も同じようなものかも…sweat01
だから、歌の中の心を読みとってもらえるのは嬉しいことです。

実を言うと、私も最近は投稿先を減らしています。。(^_^;)
継続しているところもペースダウンしていたり…。
でも、マイペースでいいんですよね~。
ゆっくり、がんばりましょう(^_-)-☆


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/48906838

この記事へのトラックバック一覧です: NHK短歌7/18「宿」:

« 考える人・2010夏号 | トップページ | 052:婆(高松紗都子) »