2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 051:番号(高松紗都子) | トップページ | NHK短歌7/18「宿」 »

2010年7月 9日 (金)

考える人・2010夏号

半身が心臓の分だけ重いから寄りそう人をさがす左手

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

新潮社「考える人」2010夏号の「考える短歌」に掲載されて俵万智さんの添削を受けることができました。
ありがとうございます。
「理に落ちすぎるのは要注意」というのがポイントで、「左手」までいうと理屈を通してしまいすぎ、とのことでした。
「左手」の部分に時間や季節を入れて風景を大きくする、というのが俵さんのアドバイスです。
本誌には丁寧な解説や具体的な添削例が載っているので、よかったらご覧ください。
俵さんの話はとても分かりやすくて勉強になります。
新書で発売されている「考える短歌」もお薦めです。

「考える短歌」は昨年冬からポツポツと送っていたのですが、季刊誌ということもあり、なかなか掲載に至らないので最近は投稿忘れがちでした。
だから書店で自分の歌を発見してビックリしてしまいました。
はい、うれしかったです。

« 051:番号(高松紗都子) | トップページ | NHK短歌7/18「宿」 »

その他短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/48832811

この記事へのトラックバック一覧です: 考える人・2010夏号:

« 051:番号(高松紗都子) | トップページ | NHK短歌7/18「宿」 »