2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NHK短歌4月号 | トップページ | 023:魂(高松紗都子) »

2010年3月24日 (水)

笹短歌ドットコム~アニメ(2010年版)

シーソーは傾いている片恋の重さはかなさすべらせながら
「ハチミツとクローバー」

凱旋門に切りとられたる青空はどこでもドアのように眩しい
「ドラえもん」

あきらめぬ心が道をひらくことバスケコートに天啓は降る
「スラムダンク」

掌中の生殺与奪ひとという存在ゆえの過ちはある
「デスノート」

永遠と刹那の見える不老不死イソノ一家は昭和を穿つ
「サザエさん」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

笹短歌ドットコム、お題「アニメ(2010年版)」で全首採用していただきました。
ありがとうございます。
最近のアニメはよく知らなくて何を詠もうかという時点から迷いましたが、参加してよかったです。
ドラえもんの歌に関しては「下の句が疑問。「どこでもドア」が開いている描写を入れたほうがよさそうです」という評をいただきました。
こういう具体的な指摘は本当にありがたいです。

そして今回の総評の冒頭の内容が自分自身に重なって感じられ、色々と考えさせられました。
とても読み応えのある内容で勉強になりました。
モラトリアム期が過ぎても燃料が切れないようでありたいと思います。

« NHK短歌4月号 | トップページ | 023:魂(高松紗都子) »

笹短歌ドットコム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/47898230

この記事へのトラックバック一覧です: 笹短歌ドットコム~アニメ(2010年版):

« NHK短歌4月号 | トップページ | 023:魂(高松紗都子) »