« うたのわ1/17~1/27 | トップページ | 002:暇(高松紗都子) »

2010年2月 8日 (月)

001:春(高松紗都子)

春浅い海の水はまだ冷たくてしびれた指に藍がからまる

« うたのわ1/17~1/27 | トップページ | 002:暇(高松紗都子) »

題詠blog2010」カテゴリの記事

コメント

 すじが、すうーっと通っている感じ。二句の字余りもいいアクセント。そして読みやすい。
 春の海といって、あたたかではなくまだ冷たい感じをもってくるところがすごい。そして「しびれる」から「藍がからまる」の流れと、「藍がからまる」の含み加減もいい。
 すっとわかって、感覚がつたわってきて、含みがある。

こんばんは。
はづきさんのコメントすごく嬉しかった♪
ありがとうございます。
春浅い海の冴え冴えとした冷たさが表現したかったのです。
いつもながら、はづきさんの読みは丁寧で素敵だなぁ。
実は次回の短歌講座、歌会のようなことをやるらしくてまたもやドキドキです(^_^;)

こんばんは^^

下の句がとってもすてきです!
「春浅い海」から「しびれた指」が出てくるところがもう・・・溜息。

良いお歌に出会えて嬉しい夜です♪

イマイさん、こんにちは。
うれしいコメントありがとうございます♪
なんだかテレちゃいます。。coldsweats01
去年はイマイさんの題詠連作に感動して次は自分も、と思っていたのですが、早々にあきらめてしまいましたsweat01
題詠で連作ってホントにすごい事ですね!
せめて雰囲気だけでも揃えて詠んでいきたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/47515461

この記事へのトラックバック一覧です: 001:春(高松紗都子):

« うたのわ1/17~1/27 | トップページ | 002:暇(高松紗都子) »