« うたのわ12/27誕生の。。 | トップページ | うたのわ歌会「クリスマス」 »

2009年12月31日 (木)

この一年

大晦日ですね。
この一年を振り返ると、やっぱり3月に短歌を始めた事が何より大きかった。
2月に短歌に関わる新聞記事を見て、何気なく歌壇のページを開いて。。
それがすべてのはじまりでした。
その後、初投稿の歌が夜ぷちで読まれて気持ちに弾みがつき、朝日歌壇掲載、NHK短歌特選、ニッポン全国短歌日和選者賞などにも恵まれました。
歌を詠む場としては「うたのわ」にずっとお世話になりました。
題詠blog2009に参加したことも短歌の面白さを再認識するきっかけになりました。
モバイル短歌、朝日シティ歌壇、笹短歌ドットコム、短歌色物語などにもお世話になりました。
そんな中、様々な場で歌を詠む人達と交流できたことを本当に嬉しく思っています。
ひっそりと始めたブログですが、ここで題詠に参加し、歌仲間の皆様とお話できたことは何よりの宝です。
この一年間ありがとうございました。

そして今、来年のことをちょっと考えています。
のんびりとマイペースでやってきましたが、最近になって短歌を学びたいという気持ちが出てきました。
どんなところに行けばいいのか分からなくて迷っているのですが。。
とりあえず短歌二年目には何らかの形で学びもできるといいなと思っています。
これからもよろしくお願いします<(_ _)>

« うたのわ12/27誕生の。。 | トップページ | うたのわ歌会「クリスマス」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

三月からですか・・・とてもそのようには見えませんね。やはりもともとの素養が豊かなのでしょう。三月は私がうたのわに入った時期ですね。。。

短歌を学びたいならやはり結社に入るべきではないでしょうか。その前にカルチャーセンターに行って講師と相性があえばそこに入るのも手ですが。

うたのわで佐兎子さんの歌を見ると身構えてしまう。他の人とはちょっと空気が違う。知ってる人には甘く付けない主義ですがやはり拍手を送りたくなります。

今年もどうぞ宜しくお願いします。

はづきさん、こんにちは。
あけましておめでとうございます。
はづきさんは結社での活動を始められたのですね!
どこにするか決める時に迷ったりなさらなかったのでしょうか。
私は、いきなりの結社は怖い気がしてカルチャー講座の資料を取り寄せてみたのですが、空席待ちというのもあるようで驚きました☆
そんな訳で実際に動き始めるにはまだ時間がかかりそうですが、2年目は少しは世界を広げてみたいと考えています。
今年もどうぞよろしくお願いします。


あまねさん、こんにちは。
あけましておめでとうございます。
コメントを読んで本当に嬉しく思いました。
でも。。褒めすぎです。。(^_^;)
私は、あまねさんの歌からいつも相当の刺激を受けています。
常に独創的な言葉を紡ぎだせるようになりたいと思っています。

はづきさんへのお返事にも書いたのですが、今はカルチャーセンターの資料を取り寄せたりして今後のことを考え中です。
結社は何かきっかけがないと選択することも難しそうで。。
(カルチャー講座の講師を選ぶのも大変かもsweat01
あせっても仕方がないのでゆっくり考えてみます。
ありがとうございました!
これからもどうぞよろしくお願いします。


うさぎさんあけましておめでとうございますflair
昨年は本当にお世話になりました。うさぎさんに教わったり励まされたりすることがどれほどあったことでしょう!短歌を通じてうさぎさんはじめ幾人かの方々と親しくなれた事は私の財産ですo(^-^)o
私はかなり大雑把なのんびり屋ですが、それでも人生はやりきれない辛い事やどうしようもなく苛立つ事を避けては通れないものです。そんな時確かに短歌に救われているとしみじみ思う今日この頃です。
そんな訳で今年もこちらのblogにたびたびお邪魔し、時には我が家のようにくつろいでしまうこともあろうかと思いますが、広い心でどうぞよろしくお付き合い下さいm(__)m

ユキちゃん、あけましておめでとうございます。
こちらこそ昨年はお世話になりました(^_^)/
歌を通してユキちゃんと出会い、色々な話ができるようになったことを本当にうれしく思っています。
「人生のやりきれない事や辛い事が短歌に救われている」って良い言葉ですね。
たしかにそんな瞬間はありますね☆
できればこれからの人生もずっと歌と共にありたいなぁ。。
こんなblogでよかったら、いつでも遊びに来て、くつろいでいってくださいね。待ってますよ~( ^^) _旦~~
これからもどうぞよろしくお願いします♪


 そうですね、イマイさんの一ヶ月あとに短歌人会に入会しました。とはいっても、一年前から短歌人誌(かばん誌もだけれど)を購読していて、何度か歌会見学もさせていただいていましたけれど。
 迷ったかといえば、迷ったような迷わなかったような。短歌をはじめたのもたまたまで、結社を知ったのものたまたまにちかかったので。
 たまたま気分が向いて、「文学」のいろいろを興味本位でのぞきみしていたときに、小池光がすごくておもしろい、という話をきいて興味をもったところ、たまたま通っていたカルチャーに小池光の講座があったので受講してみたのが2008年5月でした。
 やってみたら短歌がおもしろくて、結社ってどんなところだろうとテキトーに見当をつけたのが、短歌人とかばんです。たまたまネットでみつかった結社のうちの一つだったということと、自由そうだったということで、とりあえず購読しようと思いました。いつかほかの結社の購読もしようとは思っていたのですけれど、結社によっては難しそうなのでなんとなくそのままになってしまいました。
 手続きをしてくれた方が、短歌人、かばんのひとどちらも親切丁寧で、歌会などにも楽しく参加できたということと、カルチャーで知り合った人たちは(当然といえば当然ですが)短歌人の方が多かった(もちろん、ほかの結社の方もいます)ということなどから、短歌人に入りました。
 かばんの歌会にもあいかわらず出席させていただいています。短歌人との交流もけっこうあったりして、購読会員の方も何人かいらっしゃるようです。

はづきさん、ありがとう(^_^)
丁寧に説明してくださったので状況がよくわかりました。
なるほど~、いきなり入会されたのではなくて歌誌購読や歌会、カルチャー講座などの段階を経られたのですね。
私は土日の歌会参加は難しいので歌会に出られないのだったら結社は無理かなぁ。。
小池光さんの講座は横浜にもありましたが先の分まで定員いっぱいのようでした。あと今野寿美さんの講座も。
継続の方が優先になっているのでしょうか。
自分のできる範囲で動き始めるしかないですね。
とりあえずカルチャー講座を探しつつ短歌誌の見本なども取り寄せてみようかと思います。
結社のこととかは全然わからないのでとても参考になりました。
また色々と教えてくださいね。
短歌人でがんばってください。
はづきさんやイマイさんが活躍されているのを見て、自分とは無縁の存在だと思っていた結社がほんの少しだけ近く感じられるようになりました。

 結社は歌会に出られなくてもだいじょうぶですよ。歌会に出席できない方のほうが多いと思います。ただ、直接に顔をあわす機会は重要なのでもったいないというくらいです。
 カルチャーは継続が優先だと思います。小池光の講座のばあいは、諸事情により講座そのものが休止となりました。
 カルチャーはもちろん、短歌は通信講座もありますし、超結社の会もありますし、ネット上で活動しているところもあります。よいところがみつかるとよいですね。
 お互いにがんまりましょう。

そうなのですか。
たしかに自分の歌に直接の批評をいただける機会は大事ですよね。
人の歌の内容を読み込むことに関しては不安があるのですが。
短歌講座にしても他の方が皆文語短歌だったりするとつらいかな。。
まぁこんなふうに考えているだけでは何も始まらないので、ちょっとずつ動いてみますね。
どうもありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/47163005

この記事へのトラックバック一覧です: この一年:

« うたのわ12/27誕生の。。 | トップページ | うたのわ歌会「クリスマス」 »