« ついったー短歌11月詠 | トップページ | 夜ぷち12/6 »

2009年12月 5日 (土)

うたのわ12/5天窓に。。

天窓に浮かぶ十二月の空は青を濃くして風花を待つ

きみの声きこえてきたよまっすぐなこころのうたの風はやまない

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1首目、twitter発表時の「初雪」を「風花」に変更しました。
2首目、あまりうまく詠めなかったけれど自分の気持ちを表現してみたくなって。
心を揺さぶる歌はどこまでも届いていくだろうということです。
自戒の意味もこめて。

« ついったー短歌11月詠 | トップページ | 夜ぷち12/6 »

うたのわ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!昨日うさぎさんの歌を見てすごく嬉しかったですheart02
私は結構カーッとなるたちでちょっと頭に来てたんですね。あそこは短歌を詠むとこで意見を述べるとこじゃないと常々自戒してるんですが、時々破ってしまいます。
思わず出過ぎた自分をうさぎさんにかばってもらった気がして、嬉しいと恥ずかしいが一緒に来ました(>_<)ありがとうhappy02しかもすごくすごくいい歌ですね!
まだ言い足りないんですがひとまずここまで。

こんにちはnote
昨日の朝ユキちゃんの歌を見て、私も気持ちを伝えたい~と思ったのでした。(でも稚拙な仕上がりで褒めていただくのは恥ずかしい限りですsweat01
だけど歌を載せた後、名前を出して共感したなんて言って迷惑だったかなぁと思ったのでコメント嬉しいです。
ホッとしました(^_^)
心とか知識とか技巧とかって本当に難しいよね。
人を傷つけないために技巧を用いるという方もおられることを知り、また考えさせられてしまいました。


そう、難しいですね。ましてネット上で短歌を発表する事の価値観なんて千差万別でしょうから。
私の場合たまたま新聞で笹井宏之さんの追悼記事を目にして、インターネットで短歌が詠める事を初めて知ったのが始まりです。仕事の事でものすごく悩んでいて何かに気持ちを吐き出したかったのもありました。
最初は感情や印象を定型も無視してそのまま詠むだけで自分でもいいのか悪いのかさっぱりわからなかったんですが、やがてある事に気づきました。
それまですごく心が動いた時その形をなんとか残したくて絵を描いたりはしてたんですが、あまりに忙しいとなかなかそれができません。でも短歌なら道具も広げず、歩きながらでも運転しながらでも作れると。
だから短歌は私の小さな絵で、消えてしまう感情を色や形にできる大切な手段になっていきました。
それで「評価されなくて悶々としてるんだろう、救ってやろう」みたいな言い方にカチンときてちょっと好戦的な気分になってしまった訳ですsweat01まあ確かに評価は気になりますけどねcoldsweats01

私は今年の春に朝日歌壇を見たことが作歌のきっかけでした。
だから、その直後に登録した「うたのわ」には結構愛着があります。歌を詠む自分をそこで育ててもらったような気がするから。
歌を詠む人はナイーブな人が多いし価値観や作歌の動機も様々だから、時に軋轢が起こるのでしょうね。
やっぱり自分とは違う価値観をいきなりかざされたら戸惑うよね。
自分なりの価値観を持つのはいいけれど、それを人に押し付ける訳にはいかないものね。。
ユキちゃんの歌が心をかたちにする絵だというのはとてもよく分かる気がします(^_-)-☆
また今度ゆっくり歌についてお話したいですね。

ありがとうheart02話は尽きませんね、またいずれo(^-^)o

P.S.
初めてNHK短歌買ってしまいました。うさぎさんと蛍子さん見つけました\^o^/

ぜひ投稿仲間に~(^O^)/
それでは良い一日をshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/46943841

この記事へのトラックバック一覧です: うたのわ12/5天窓に。。:

« ついったー短歌11月詠 | トップページ | 夜ぷち12/6 »