« うたのわ12/25空席に。。 | トップページ | この一年 »

2009年12月27日 (日)

うたのわ12/27誕生の。。

誕生のなかに潜んだ死の影を忘れるために磨かれる靴

« うたのわ12/25空席に。。 | トップページ | この一年 »

うたのわ」カテゴリの記事

コメント

 措辞のせいかすこし単調、説明的に感じる。「xxためにxxxxx」だからかも。あと「誕生のなかに潜んだ死の影」はたしかにそんな感じはするし重々しいのだけれど、「それっぽいこと」のようにも感じてしまう。
 とはいえ、感覚的にはけっこう伝わってきて、結句の「磨かれる靴」にきちんと一句から四句までがかかっていると思う。「磨かれる靴」という言葉の選択もいいと思う。
 似たような構造の歌を
好きだった世界をみんな連れてゆくあなたのカヌー燃えるみずうみ 東直子

こんにちは。コメントありがとうございます♪
年末年始でなんだか慌しくなってきましたね。
東さんの歌(意味はよく分からないのですが)良いですね。
視覚的に訴えかけてくるものがありますね。
構造、似ているのかな?

誕生には既に死が内包されているけれど、日々の営みによってそれが忘れられるのだという意味のことを詠みました。

この一年、はづきさんのおかげで自分の歌について色々考えることができました。
いつも感想をいただいてうれしかったです。どうもありがとうshine
私もはづきさんのように読みを深めたいと思うけれど、なかなか難しいです。来年はもう少し積極的に学んでみたいな。
これからもよろしくお願いします。

 ごめんなさい、すごく大雑把なくくりで「構造」だなんて言ってしまって。
 なんというか、うけとった感じが似ていたのでした。そしてそれは、前半が心象の比喩で、後半が前半を受けての動き、というかんじかな。もちろん歌全体も暗示している雰囲気がでている。
 こちらこそ、よろしくおねがいします。

いえいえ、分かりやすい説明ありがとうございます。
はづきさんは細部まで丁寧に捉えられているのだなぁと改めて思いました。
感覚だけでバーっと詠んだり読んだりしてしまう自分をもうちょっとナントカしたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/47129186

この記事へのトラックバック一覧です: うたのわ12/27誕生の。。:

« うたのわ12/25空席に。。 | トップページ | この一年 »