2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

夜ぷち6/28

はつ夏の光の束の不意打ちにヘトヘトになるホントつかれる

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「あいうえお短歌」だいたひかるさんに放送外で選んでいただきました。(は行の折り句)

だいたさん、いつも感謝です!

月間テーマはスルーして「あいうえお」頑張ったんですが1首だけでしたね~(^_^;)

今回から夜ぷちも高羽佐兎子名義ですpen

2009年6月28日 (日)

うたのわ6/28

新しい風あざやかに流れゆきひとりひとりの胸あかるくす

夜の壁をひたすら登る僕たちは流れ星など気にしてません

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

一首目は歌会の閉会式に使っていただいた歌です。

歌会は賛否両論あって大変だったようですが主催された東娘さん、白女さん、お疲れ様でした。

短歌を始めてわずか3週間で登録した私は「うたのわ」にはとても愛着があります。

いつも皆が自由にのびのびと歌を詠める場であってほしいと思います。

「うたのわ」を管理されている方には本当に感謝しています。<(_ _)>

2009年6月27日 (土)

うたのわ6/27

きみたちはそのまま走っていきなさい梅雨の晴れ間のまばゆいひかり

2009年6月26日 (金)

モバ短投稿歌

連歌「ピリオドが打たれた恋を折りたたむ」

ピリオドが打たれた恋を折りたたむナノピコフェムト無に帰するまで

「員」詠込必須

駅員につめよる議員!乗客に学級委員はいないでしょうか

「切ない」詠込不問

きみのため何もできぬと知ったから そばにいるだけ ただ祈るだけ

夜の即詠会

ふるふると崩れるプリンやわらかさも甘さも消えて恋がおわった

ビロードの天幕しずかに落ちてくる夜になったら話をしよう

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昨晩はじめてモバ短の即詠会に参加しました。

1首目は「プリン」2首目は「夜」(どちらも詠込必須)です。

即詠会・・・はやい!!連続4回開催されましたが2回詠むのがやっとでした!

しかも出来は・・・特にプリンは~・・・という感じで(汗)

いつもボ~としてる私には10分20分で歌を詠み15分間で選歌するのは大変ですが楽しかったです。

2009年6月25日 (木)

かとちえの短歌色物語・黒壇

携帯を閉じた右手に闇が降りメールは夜を駈け出してゆく

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

コメント「詩的な表現ですが、きちんと情景も浮かぶ歌だと思いました。」

初投稿の短歌色物語テーマ「黒壇」で優秀作に選んでいただきました。

ありがとうございます!

(「闇がおり」と読んでくださいませ。)

ちなみにもうひとつ投稿したのは

漆黒の闇にいるのに暖かい家まで送ると言われた夜は

です。

「漆黒」は「黒壇」とちょっと違うかな、とも思ったのですが。(^_^;)

サイトを知る機会が遅くて次回が最終回ということがとても残念です。

うたのわ6/25

あこがれた空の広さを切り取って貼りあわせてるだけの毎日

2009年6月24日 (水)

モバ短投稿歌

「かたち」詠込必須

あの波に砕けよかたちあるものよ まっさらになって生まれておいで

「しずく」詠込必須

ほとばしる水ではないよ雫だよ かわいた君にしみていくのは

「制服」詠込不問

立ち止まる君に遅れて静止するスカートの襞から広がる宇宙

2009年6月22日 (月)

うたのわ6/21~22

仕掛け絵本のピーターラビット走りだす満月の森の地面ひややか

現実と虚構のラインをあわくしてミニチュア動画の世界はうごく

君がいた夏があるからいつの日も見えない道を迷わず歩く

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

3首目は詩月めぐさんの詠まれた歌の本歌取り(?)です。

「うたのわ」の本歌取りの会に飛び入り参加してみました。

2009年6月21日 (日)

連歌

できたての入道雲をかけのぼる つなぎ止めてた余白も捨てて

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

モバ短で初披露になった歌です。

連歌なので「つなぎ止めてた余白も捨てて」の上の句を詠みました。

モバ短、楽しくやっていけるといいなー。

NHK短歌7月号

空を切るつばめの流儀地を這わず生きる翼はナイフのかたち

早春の午睡の浅きねむりよりノートを開くように目ざめる

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日「NHK短歌」7月号を買ってきたところ初めて佳作に掲載されていました。

1首目は今野寿美さん選「燕」、2首目は東直子さん選「ノート」です。

N短は「自転車」の回から投稿を始めたので投稿3作目と5作目を載せて頂いたことになります。

さらにステップアップできるように頑張りたいです。

テレビ番組の方は3月下旬から欠かさず見ています。

私のような初心者には勉強になることが多くて楽しいです。

今日のゲストの方が紹介されていた歌も衝撃的で心ひかれたのだけど誰のなんていう歌だったかな・・・(^_^;)

2009年6月19日 (金)

うたのわ6/19

月面に迫るラストが胸をうつ「かぐや」という名をもつ君なれば

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

テレビのニュースで「かぐや」のラストショット写真を見て詠みました。

刻々と月面がアップになる様子を見て、その後衝突して大破したであろうことを思って。

これがアルファベットや数字の名前だったら印象も違うのでしょうが。

それから昨日登録したモバ短で早速歌を詠んでみました。

まだシステムがよくわからないのでドキドキです。

モバイル短歌に登録しました

昨晩モバイル短歌に「高羽佐兎子」名義で登録しました。

題詠blogも終えて少し寂しく思っていたところ、このような形で短歌を発表できる場がある事を知り早速登録してみました。

歌会形式は未経験なので不安ですが色々学びたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

2009年6月18日 (木)

うたのわ6/18

ふれあったその瞬間に受けとめる深い孤独も恋としておく

潜在意識

めざめたあと
ひき潮のように遠ざかってゆく
夢の記憶
その はかない断片を
ジグソーパズルのようにつなげれば
思いもよらぬ光景に
出会うことがあるだろうか
合わせ鏡の中で
無限に続く自分の姿を
ひとつひとつ確かめるように
しっかりと
潜在意識と向かい合いたい
ひそやかに
心の宇宙をひろげるために

2009年6月17日 (水)

うたのわ6/17&題詠blog2009を終えて

好きになる こころの傾斜ゆるやかにたどりたどりて君の影ふむ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

これは題詠blog2009最後のお題「好」で考えた別の歌です。

似ている歌ですが、どちらにするか迷いました。

・・・そんな訳で長いようで短い37日間を終えて本日無事に完走する事ができました。

機会を与えてくださった方々、励ましてくださった方々に感謝します。

本当にありがとうございました。

最初は不安でしたが走り始めてからはとっても楽しかったです。

また来年も参加したいと思います。

完走報告(羽うさぎ)

完走しました。初参加で不安でしたが楽しい37日間でした。どうもありがとうございました。

100:好(羽うさぎ)

ゆるやかなこころの傾斜たどりゆき たどりついたら「好き」と言いたい

2009年6月16日 (火)

氷河期

凍える指で
太古の化石を掘り出すように
人の心の琴線に
そっと そっと
触れてみたいのだ

数百 数千の
言葉を尽くしても
伝えることのできないもの

そのときの
指先の痛みは
もどかしく揺れる
心の惑いにも似て
ひっそりと
氷河期の闇に対峙している

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

開設以来、短歌ブログとして続けてきましたが、ふと過去に書いた詩も載せてみようと思いました。

これはずっと以前に地方新聞の詩壇に投稿して掲載されたものです。

そのような詩がいくつかあるのでまた短歌の合間に載せるつもりです。

2009年6月15日 (月)

099:戻(羽うさぎ)

きみが指す森の奥にはなにがある戻り道なら燃やしておいた

夜ぷち6/14

突然に無口になった唇が「好き」のかたちに今うごいてる

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

企画テーマ「くちびる」、放送外でだいたひかるさんに選んでいただきました。

だいたさん、ありがとうございます!

2009年6月14日 (日)

098:電気(羽うさぎ)

ふれたとき痛みを感じる静電気ありてふたりはつかずはなれず

2009年6月13日 (土)

097:断(羽うさぎ)

ためらいも憂いも愛も伏せたままメールは縁を一撃で断つ

096:マイナス(羽うさぎ)

マイナスに傾くこころの天秤をムーンサルトでプラスに変える

2009年6月12日 (金)

うたのわ6/12

彼方なる草笛の音のやわらかき響きたどりて目覚める朝

潮騒は浜ゆらすほどさざめいて暗闇にとけララバイとなる

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1首目は「かぐやひめ」2首目は「しばざくら」の折り句です。

昨日今日と「うたのわ」で折り句を楽しみました。

さて、そろそろ停滞している題詠blogも考えなくては~。。。

うたのわ6/11

傘ひらくラメのマニキュア涼やかにうつる姿が凛として夏

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「うたのわ」で庭鳥さんと深緑子さんが「からすうり」を詠み込んでいたので私も詠んでみました。

折り句は3か月前の夜ぷち初投稿のとき「そつぎょう」を詠んで以来なので楽しかったです。

2009年6月11日 (木)

095:卓(羽うさぎ)

食卓をかこむ月日はみじかくて いつかもくもくひとりもくもく

2009年6月10日 (水)

うたのわ6/10

早朝の部屋にひろがる珈琲の香に覚醒し少しだけ泣く

あの頃は知るはずのない未来でも生かされている今を生きてる

094:彼方(羽うさぎ)

彼方には波のくだける音のして夜には海をおさえきれない

2009年6月 8日 (月)

うたのわ6/8

泣いていい そんなに心配しなくても人はほとんど水でできてる

大丈夫 きみがひからびたとしても炭酸水でもどしてあげる

093:鼻(羽うさぎ)

鼻先にゆれるニンジンあなたにはうまく乗せられギャロップの日々

2009年6月 7日 (日)

092:夕焼け(羽うさぎ)

オレンジの車体を揺らしバスは行く夕焼けの裾をひきずりながら

091:冬(羽うさぎ)

冬ざれた街にあかりを灯すように赤いコートで背筋をのばす

090:長(羽うさぎ)

長靴をはけば止まらぬ冒険心水たまり跳び泥水はねて

うたのわ6/7

ひたひたと記憶の底を歩く人 足裏白く闇に浮きたつ

明日の朝天気予報がはずれても駆け出す覚悟はできているかい?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1首目は「ひたひた」のお題で「うたのわ」の皆さんが詠まれていたので私も参加させていただきました♪

2009年6月 6日 (土)

うたのわ6/6

漂いて寄る辺なき日々をやりすごす この6月を越えられなくて

紫陽花の移ろう色をうちに秘め明日はばたく準備をしてる

2009年6月 4日 (木)

089:テスト(羽うさぎ)

おだやかなプロテストとしてワイシャツに白マジックでハートを描く

088:編(羽うさぎ)

暖色の編み込み模様にするためにふたりで染めるやわらかな糸

2009年6月 3日 (水)

うたのわ6/3

屋上の給水塔のかげにふたり逃げ水のようなアイスを食べた

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

やや改作して「うたのわ」に載せてみました。

内容的に過去形の方が合っているかな。

2009年6月 2日 (火)

うたのわ6/2

深き森に入り込みたる君の泣く涙はわたしをうつして落ちる

087:気分(羽うさぎ)

その勇気分けてほしいよ いつだって君のあとから三歩おくれて

086:符(羽うさぎ)

真夜中に沈む音符が地をはねて希望のような音をたててる

085:クリスマス(羽うさぎ)

クリスマスに君にもらったマフラーに縛られながら守られている

2009年6月 1日 (月)

夜ぷち5/31

レントゲンを撮ったら青くうつるだろう胸でこらえた涙の化石

アイドルと呼ばれる時はみじかくて生菓子類はくさりやすくて

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1首目は月間テーマ「青」2首目は今週のテーマ「アイドル」でいずれも放送外でだいたひかるさんに選んでいただきました。

だいたさん、いつもありがとうございます。

2首目は見ての通り辛辣なものになってしまったので改作も出したのですが、そちらでは選んでもらえませんでしたsweat01

次回の「おたく」も苦戦しそうです。出せないかも・・・。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »