2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

うたらば

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 032:世界(羽うさぎ) | トップページ | 034:序(羽うさぎ) »

2009年5月17日 (日)

033:冠(羽うさぎ)

草冠の名をもつ君のすずやかなみつあみゆれる初夏の坂道

« 032:世界(羽うさぎ) | トップページ | 034:序(羽うさぎ) »

題詠blog2009」カテゴリの記事

コメント

 すっと読んで入ってきて、初夏の草の薫りがするようで好きです。今では古風ですこしかたいイメージのある「みつあみ」も効いていて、すずやかなのかも。言葉のとりあわせがいいですね。
 今までの歌とは、少し傾向がかわってきていると思います。この3週間ほど、ネット上でみるかぎり作歌ペースが落ちて、いくつか模索しているような感じをうけます。
 いままでのような、何かの一シーンのような、コピーのような「見せ」のあきらか、というかすこし「クサさ」のある歌も、あるいみ短歌的というかいいものですけれども、今回のような、すこしぶっきらぼうではあるけれども、すっとはいってくる歌が好きです。

コメントありがとうございます。
「冠」の歌、好きと言っていただいてうれしいです!
題詠blogは初めはお題で歌を詠むことが楽しくて次々に作っていましたが、ここに来てペースダウンしています。今までが飛ばし過ぎていたのかもしれません。
私の歌を並べて見てみると何かバラバラな印象を受けますね。歌の内容によっても変わってくるし、タイプの違う歌を詠みたくなる時もあります。
本当はもっと「自分らしさ」のようなものが出せるといいのでしょうね。難しそうだけど。
はづき生さんの歌にはクールな印象がありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536119/45043055

この記事へのトラックバック一覧です: 033:冠(羽うさぎ):

« 032:世界(羽うさぎ) | トップページ | 034:序(羽うさぎ) »