2018年5月31日 (木)

4月号の歌

なにもかも「いい日」に変わる霜月の一日、八日、十日、二十八日

『九十歳。何がめでたい』の快哉をひとり暮らしの母より借りる

ざんねんないきものと呼ぶ人間の驕りをわらうグラスフロッグ

リアルではひと月会わぬ子供らを今日も見かけるどうぶつの森

はじめての夫の雑煮は遜色のない味がして年あらたまる

雪でした花びらでした降るものはいつもつかのますきまを埋める

(一日~姿勢、八日~歯並び、十日~頭皮、二十八日~ニーハイ、のルビ)

(塔2018年4月号掲載歌・前田康子さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

月刊うたらば5月号「子」

さびしいと感じる子供が際立って多い国だと知るこどもの日

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

月刊うたらばテーマ「子」に採用していただきました。

2018年5月 1日 (火)

3月号の歌

秋空の眩しさを言う澄みきった水晶体をとうになくして

錘にも踏切版にもなる人が胸のどこかで私をただす

スマホ持つ手はことごとく内向きでみんな猫背になって夕照

糸に冬と書いて終わりにする恋のまだ切れぬ糸かわらない冬

北国を生き抜く猫のたくましさ雪をかきわけぐいぐい歩く

南天の赤くなる頃大雪はだいじな人を心に灯す

新宿にひとりで暮らす子の部屋の片隅にいつもチェロがあること

(塔2018年3月号掲載歌・真中朋久さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

1月号6首目の歌を選歌欄評で取り上げていただきました。(鮫島浩子さん)

2018年4月 6日 (金)

2月号の歌

心には深い海があるという声が遠く聞こえる瞑想のレッスン

コンビニが消えて生まれるこの町にダーウィニズムのごとき風吹く

尖りある酸味の赤がくちびるを濡らす夜です月は見えない

ひとりだとふと思う時ときしんしんと深くなりゆく秋の蒼天

泣くことは恥ずかしいと言う六歳がふわりと母のスカートに添う

物語の終わりのように零時には床につくから明日をください

朝に流すポットのお湯のあたたかさ今日は誰にも会わなくていい

(塔2018年2月号掲載歌・江戸雪さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

NHK俳句4月号

ヨガマットひろげる彼方春の水

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

兼題「春の水」で今井聖さんに佳作に選んでいただきました。

春の海めくってもめくっても微睡

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

兼題「春の海」で夏井いつきさんに佳作に選んでいただきました。
(微睡の読みは「まどろみ」です)

2018年3月20日 (火)

1月号の歌

踊らせてほしい日もある踊りたい日もある風が秋に変わった

かすかなる焦燥感が日々にありちりりと痛む足裏である

光るにはまだ至らない原石の時に未来を超えるまたたき

ももいろの耳かたむけて母猫は時折容赦なき眼を向ける

めざめては身巡りの水を縦にする樹に学びたいとふと思いつつ

空き部屋を子の名のままに呼ぶことのためらいもなく五年過ぎゆく

(塔2018年1月号掲載歌・永田和宏さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

月刊うたらば3月号「再」

消えてゆく音をとどめるすべを得て人は昔の声に恋する

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

月刊うたらばテーマ「再」に採用していただきました。

NHK俳句3月号

水墨に閉ぢこめられて霜の鶴

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

兼題「凍鶴」で夏井いつきさんに佳作に選んでいただきました。

2018年2月11日 (日)

12月号の歌

明け方の空にオリオンあらわれて秋のそびらにふれるまなざし

早朝のねむりをさますアラートがテレビ画面を黒くくり抜く

旅をする獣は手足が大きくてやさしい眼をしているはずだった

サバンナに別れの風が吹くときに帽子と鞄を君にあずける

微量でも検出されたよろこびをパラフィン紙として震わせてみる

分かちあうとは言わないでシェアと言うドライフルーツを選るまなざしで

(塔2017年12月号掲載歌・永田淳さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

月刊うたらば2月号「野菜」

寒ければ糖度を上げて身をまもる法蓮草のやさしいちぢみ

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

月刊うたらばテーマ「野菜」に採用していただきました。

«NHK俳句2月号