2018年1月13日 (土)

11月号の歌

せみしぐれ小暗い森に響くほどひんやりとする夏の身体は

指二本でひろげる君の表情が笑顔とわかる向日葵畑

旅に出た君がふらりと寄りそうで覗いてみたい猫の集会

熱あてて熱こもらせる夏の髪ゆびでといても縺れるばかり

突き上げた指揮者のてのひらの中に最後の音が吸われて消える

会計学を学んだ日々は遠くなり笊目のあらい家計簿つける

三等星までと言わずに見せてほしい身体が浮かぶほどの夜空を

(塔2017年11月号掲載歌・小林幸子さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

9月号5首目の歌を選歌欄評で取り上げていただきました。(沼尻つた子さん)

月刊うたらば1月号「犬」

「迷い犬さがしています」の貼り紙のいぬ黄ばみゆく小さいままに

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

ブログパーツ短歌から新しく形を変えた月刊うたらばテーマ「犬」に採用していただきました。

フリーペーパー最新号うたらばvol.20「些細」にも1首掲載されています。
         ↓
http://www.utalover.com/index.html

うたらばブログパーツ短歌第119回「降」

驟雨降りかぶと虫降る八月のきみは何度も少年になる

星鰈そらから降ってきたような名を持つ魚をやさしくほぐす

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

「うたらば」ブログパーツ短歌テーマ「降」に2首採用していただきました。

星鰈の歌は久々の表紙フォト短歌でした。

NHK俳句1月号

パンプスに閉じて冷たき足の指

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

兼題「冷たし」で高柳克弘さんに佳作に選んでいただきました。

雲上のごと草を踏み鹿の行く

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

兼題「鹿」で夏井いつきさんに佳作に選んでいただきました。

2017年12月 8日 (金)

10月号の歌

ゆびさきにむせるみどりの濃きにおい初夏のトマトの茎にふれれば

朝八時アメリカ国歌と君が代がつづけて流れくる基地の町

一日分の野菜のカレーを食べながらまだ終わらない今日のいちにち

霜月に生まれたことの寂しさでひかれあったのだとしても恋

検索窓に「会」と入れれば「会社辞めたい」の言葉が二番目に出る

炭酸のはじける方へ呼ばれたい夏には夏の名で呼ばれたい

言い分と言い訳の間のかすかなるゆらぎ明日は晴れるでしょうか

(塔2017年10月号掲載歌・新樹集・吉川宏志さん選)
(作品2・前田康子さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

久しぶりに新樹集に載せていただきました。

2首目。長く暮らしているわりには最近になって気づいたのでした。
ベランダで洗濯物を干していたりするとよく分かります。

8月号2首目の歌を選歌欄評で取り上げていただきました。(斎藤弘子さん)

うたらばブログパーツ短歌第118回「見」

目のくらむひかりの窓のさびしさよ雨あがりひとり冬をむかえて

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

「うたらば」ブログパーツ短歌テーマ「見」に採用していただきました。

2017年11月 2日 (木)

9月号の歌

春に咲き春に散る花はらはらと君の背中を見送る四月

カレンダーどおりに生きる人たちが五月の谷間を歩く靴音

霜柱のような衣がよいと言う天ぷら職人の指しなやかに

橅、桜、オリーブならぶ木べらからやがてソースの香が立ちあがる

そこで(笑)うなよと思う夜こころはまっすぐ飛ばしてほしい

炎天に小さき獣の列となりスラヴ叙事詩を人は見にゆく

ひとりだと思わなければひとりではなかったんだと気づく水無月

(塔2017年9月号掲載歌・山下洋さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

7月号5首目の歌を選歌欄評で取り上げていただきました。(近藤真啓さん)

2017年10月30日 (月)

NHK俳句11月号

縞馬も獅子も無き野の虫時雨

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

兼題「虫時雨」で夏井いつきさんに佳作に選んでいただきました。

うたらばブログパーツ短歌第117回「運」

運河から銀河へ向かう舟を待つ圏外だねってふたり笑って

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

「うたらば」ブログパーツ短歌テーマ「運」に採用していただきました。

8月号の歌

噛むことは生きてゆくこと みどりごの歯に新しい季語は生まれる

さとこさんと歌会で呼ばれ私の中のわたしがほんのり灯る

吟行の土手に教わる草の名はのげし、すかんぽ、きつねのえんどう

本心をかくしてとじるミステリー自白しそうにふくらむかばん

理解、恋、病、判断あれこれと苦しむことはあり日々は行く

トリノ駅を「鳥の駅」と聞く耳を持つ それをひとつの幸せとする

(塔2017年8月号掲載歌・池本一郎さん選)

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

6月号3首目の歌を選歌欄評で取り上げていただきました。(木村珊瑚さん)

…ブログの更新を1か月忘れていました(^-^;

«7月号の歌